2017.05.29 Mon 更新

赤ちゃんにシロップ薬を飲ませてみる!手順やコツについてまとめました。

赤ちゃんが病気になったとき、シロップ薬を与えることがあります。 このシロップ薬は大人になると飲む機会がなかなかありませんよね。赤ちゃんにどのようにして飲ませたら良いのか迷ってしまいがちなシロップ薬は、手順とコツをきちんと抑えて、スムーズに飲ませてあげましょう。 今回は、「赤ちゃんにシロップ薬を飲ませる手順とコツ」についてご紹介します!

成分が底に沈殿していることがあるので、きちんと薬を振りましょう。
薬が泡立つくらい激しく振るのではなく、容器を上下逆さまにゆっくり振るようにしてください。

薬をよく振る

目盛りがついた小さなボトルに入っていることが一般的なシロップ薬は、いくつかの薬を混ぜて飲ませることもあります。
薬によっては混ぜると効果が薄くなり、変質、味が変わったりします。
何かと混ぜて飲ませるときは、必ず医師に事前確認をしてくださいね。
赤ちゃんにシロップ薬を飲ませる手順は以下の通りです。

赤ちゃんにシロップ薬を飲ませる手順

分量を計る

容器から直接飲ませるのではなく、スプーンやスポイト、コップ等を使用して飲ませてあげます。
飲ませている最中に咽せてしまう危険性があるので、ゆっくり飲ませてあげてくださいね。

飲ませる

計量カップを水平なところに置いて目盛りを真っ正面から見て、分量を正確に計るようにしてください。

赤ちゃんにシロップ薬を飲ませるコツ

薬を嫌がって飲まない時、どうしたらいいのか途方に暮れてしまいます。
そんなときは、赤ちゃんにシロップ薬を飲ませるコツがあるので、一度試してみてくださいね。
赤ちゃんにシロップ薬を飲ませるコツは以下の通りです。

お腹が空いているときに飲ませる

医師からどのタイミングで飲ませるという指示がない場合、赤ちゃんがお腹が空いているときに飲ませるようにしましょう。
その後にミルクや母乳を飲ませるので、薬の味が口内に残りにくいので、赤ちゃんもぐずりにくいですよ。

便利グッズを使用する

便利グッズを使用すると、スムーズに飲んでくれることがあります。
月齢の低い赤ちゃんに使用する便利グッズは哺乳瓶の乳首とスポイトです。
シロップ薬を飲ませるときに使う哺乳瓶の乳首は、普段授乳の際に使用するものではなく、薬専用のものを新しく用意するかもう使わないような古いものを用意してください。
スポイトを使用する際は、頬の内側に添わせるように、ゆっくりと流し込むようにしてくださいね。

離乳食が始まっているのであれば、スプーンやコップを使用することができます。
口が広がった形のおちょこでも使用可能です。

おもちゃやテレビで気を紛らわせる

赤ちゃんの気が紛れるようなおもちゃやテレビを用意しましょう。
赤ちゃんが気を取られているうちにスポイト等で口の端に流し込みます。

シロップを凍らせてみる

一回分の分量を冷凍庫で凍らせ、シャーベットのようにして食感を変えてみましょう。
冷たいものが苦手な赤ちゃんには不向きな方法ですが、凍らせると飲んでくれる赤ちゃんは多いそうです。
ですが、飲ませる薬が凍らせても大丈夫なものなのか、事前に医師に確認しておいてくださいね。

いかがでしたか?
赤ちゃんが薬を嫌がって飲まないからと言って、ミルクに混ぜないようにしてくださいね。
混ぜてしまうと、ミルク=美味しくないものになってしまい、ミルクが嫌いになることがあります。
赤ちゃんのシロップ薬は分量を守り、赤ちゃんに合う飲み方で飲ませるようにしましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ