2017.06.07 Wed 更新

セロトニンって何?不足するとどうなるの?対処法は?

幸せホルモンとも言われる「セロトニン」を知っていますか? 精神を安定させる働きを持ち、不足することで身体にさまざまな症状が現れると言われています。 ですが、どうしてセロトニンが不足してしまうのでしょうか?また、どうすれば増やすことが出来るのでしょうか? 今回はセロトニンの効果や不足してしまう原因、増やし方についてご紹介いたします。

・攻撃性が高まる
・情緒不安定
・うつ
・パニック障害
・睡眠障害
・冷え、ほてり
・PMSの発症、悪化

セロトニンが不足すると、身体にも心にも影響があり、次のような症状が出ると言われています。

セロトニンが不足するとどんな症状が出るの?

精神状態や感情をコントロールしてくれるだけでなく、抗ストレス作用、依存や衝動の抑制といった効果もあるため、気分が安定します。
イライラや恐怖も抑えられるので、「幸せホルモン」とも呼ばれているのです。

セロトニンは脳内の神経伝達物質の一つで、「トリプトファン」という必須アミノ酸から生成されます。
ドーパミンやノルアドレナリンなど、他の神経伝達物質をコントロールすることで精神を安定させてくれます。

セロトニンって何?

セロトニン不足を解消するには

その他には食生活や太陽光の不足、運動不足、コミュニケーション不足などが原因となります。
たくさんの要因が絡み合ってセロトニン不足が引き起こされるのです。

セロトニンの分泌には様々な要素が関わっています。
その中でも、特にストレスが大きな原因で、精神的なストレスを長期間受け続けるとセロトニン神経の働きが弱まってセロトニンが不足してしまいます。

なぜセロトニンが不足するの?

食事の見直し

セロトニンが不足している場合には、ストレスを溜め込まないようにしながら次のようなことを試してみて下さい。
一気に全て始めるのは大変なので、出来るものからでも良いですよ。

セロトニンの原料は「トリプトファン」という必須アミノ酸です。
トリプトファンは体内で作り出すことが出来ませんので、食事の中でトリプトファンを意識して摂取することが大切です。

【トリプトファンを多く含む食材】
大豆製品・乳製品・かつお・マグロ・すじこ・バナナ・たまご・ごま・カシューナッツ

セロトニンの分泌を促進させるためには、目の網膜に光を入れてセロトニン神経を活性化させることが大切です。
日焼けをする必要はないので、日焼け止めや長袖を着るなどの対策をしてもOKです。
外で太陽光を浴びる必要もないので、毎朝カーテンを開けて太陽光を室内で浴びることから始めても良いでしょう。

太陽光を浴びる

リズム運動

スキンシップ

一定のリズムで筋肉の緊張・緩めるという運動を繰り返すと、セロトニンの分泌量を増やすことが出来ると言われています。
代表的なものでは水泳、ウォーキング、自転車などがあります。
なかでも簡単に取り入れられるものは「咀嚼」です。
食事の時に一定のリズムで良く噛むようにすると、顔の筋肉が緊張と弛緩を繰り返すので、セロトニンの生成が促されます。

人と人が触れ合うことでもセロトニンの分泌が活性化されます。
家族やペットとスキンシップを取りながらコミュニケーションをすることで、セロトニンの分泌量を増やしましょう。

まとめ

セロトニンは精神を安定させるために大切な神経伝達物質です。
普段イライラしたり落ち込んだりしやすい方は、セロトニンが不足している可能性があります。
まずは、それ自体がストレスにならない範囲で自分の生活を見直して、セロトニンの分泌を活性化させることが出来るようにしていきましょうね。

ランキング

ページトップへ