2016.11.05 Sat 更新

妊娠中にドライフルーツを食べる効果は?おすすめのドライフルーツは何?

妊娠中はすぐに小腹が減ったりします。妊娠中の小腹対策にドライフルーツを食べる妊婦さんは多くいるのですが、ドライフルーツは糖質を多く含むので、食べ過ぎには注意が必要な食べ物でもあります。 でも妊娠中の身体に嬉しい効果もたくさん持っている妊娠中の強い味方でもあるのです。 今回は「妊娠中のドライフルーツ」についてご紹介します!

ドライフルーツは加工度が低く、脂肪分が少ないという特徴があります。
市販のクッキーやチョコレートといった甘いお菓子に比べて、健康的な食べ物です。

まず、「食物繊維」には、便秘解消や整腸作用に効果があります。
次に、「カリウム」には、妊娠中の手足のむくみの解消につながります。
ドライフルーツに含まれている「鉄分」は、妊娠中によく起こる貧血の予防のために、積極的に摂っておきたい成分の1つです。

果実の種類によって栄養価が異なります。
ですが、基本的にドライフルーツには食物繊維、ミネラル(カリウム、鉄、カルシウム)、抗酸化物質等の成分が含まれています。これらの成分は、妊娠中の身体にとって、とても良い作用をもたらしてくれます。

妊娠中のドライフルーツを食べる効果

妊娠中におすすめのドライフルーツ 妊娠初期

詳しいメカニズムは未だに分かっておりませんが、ビタミンB6はつわりの症状を和らげる作用があると言われています。
ビタミンB6を多く含むフルーツでおすすめなものは、「バナナ」です。
ドライフルーツにも干しバナナやバナナチップスがあります。
どちらか食べやすい方を試してみていただきたいのですが、ここでひとつ注意点。
バナナチップにスは、油で揚げていたり甘味料をまぶしていたりしているものがあります。食べ過ぎには注意してくださいね。

干しバナナ・バナナチップス

つわりに悩まされる妊婦さんが多い妊娠初期。
妊娠初期に積極的に摂っておきたいドライフルーツは以下の通りです。

干しイチジク

妊娠初期のお悩みでよく登場する「便秘」や「貧血」。
この症状を改善するのにおすすめなドライフルーツが、「干しイチジク」です。
イチジクには、食物繊維とミネラルが豊富に含まれています。
食物繊維は、便秘の解消や腸内環境を改善する効果があります。
ミネラルに含まれている鉄分は、貧血予防に有効です。

妊娠中におすすめのドライフルーツ 妊娠中期

つわりも落ち着いてくる妊娠中期。
妊娠中期に積極的に摂っておきたいドライフルーツは以下の通りです。

ドライマンゴー

妊娠中、多くの人が葉酸をサプリメント等で積極的に摂取していると思います。
ドライフルーツでも葉酸は摂取できると知っていましたか?
葉酸を手軽に摂取するためにおすすめなドライフルーツが、「ドライマンゴー」です。
マンゴーには、葉酸をはじめとした、ビタミンCやビタミンB1等の栄養素が豊富に含まれています。
葉酸は妊娠中期になっても摂取し続けることが推奨されているので、摂取し続けてくださいね。

妊娠中におすすめのドライフルーツ 妊娠後期

お腹が出てきて、お腹の中の赤ちゃんに栄養を届けるために血液の量が増える妊娠後期。
この時期は、とにかく赤ちゃんに栄養を届けないといけません。
妊娠後期に積極的に摂っておきたいドライフルーツは以下の通りです。

ドライジンジャー

身体が冷えると、お腹の張りやむくみの原因になります。
そんな冷え対策におすすめなドライフルーツが、「ジンジャー(生姜)」です。
ジンジャーには、血行をよくして体温を上げる効果があるので、積極的に摂るようにしてくださいね。
ジンジャーはお茶にも良く合いますよ。

ドライアプリコット

お腹の赤ちゃんが成長するため、お腹がどんどん出てきます。
お腹が邪魔になって、身体を動かす時期が減るため、身体がむくみやすくなっていきます。
むくみを解消するために、利尿作用のある「カリウム」を積極的に摂取するようにしてください。

ドライアプリコットには、カリウムが豊富に含まれています。
アプリコットはドライフルーツの中でも、かなり食べやすいと言われています。
ドライフルーツが苦手でも、アプリコットは食べられるという人が多いようです。
是非試してみてくださいね。

1日に何個食べていいの?

妊娠中のドライフルーツの適正摂取量や上限摂取量の定めはありません。
ドライフルーツに含まれている糖分を考えると、1日に4~5粒を目安だとしましょう。
ドライフルーツは、食べ過ぎると体重増加につながるので、パッケージにある表示のカロリーをしっかり確認しましょう。
適量を食べるようにしてくださいね。

いかがでしたか?
ドライフルーツは、生のフルーツの水分が抜けて栄養価が凝縮されているので、妊娠中におすすめの食べ物です。
ですが、栄養価が凝縮されているため、糖分が生のフルーツに比べ、かなり高いです。食べ過ぎには気をつけてくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ