2016.11.23 Wed 更新

妊活中の方おおすすめの「ルイボスティー」含まれる成分と飲み方

数年前から奇跡のお茶として注目を集めている「ルイボスティー」ですが、じつは妊活にも効果的だって知っていましたか? 体質改善効果があるので身体のトラブルをかいけつしてくれ、妊娠しやすい身体に導いてくれるそうです。 そこで、ルイボスティーに含まれている成分と、。その働きについてご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

南アフリカに自生するマメ科の植物の一つである「ルイボス」の葉を乾燥させ煮出したものがルイボスティーです。
いわゆるお茶の葉とは違う植物です。

そもそもルイボスティーって?

このルイボスティーはアフリカの民族の間で古くから「不老長寿の飲み物」として伝えられ愛されてきました。
タンニンが少ないので苦味が少なく、カフェインも含まないので小さな子どもからお年寄りまで飲むことができます。

その他の特徴としてはほんのり甘く、すーっとした香りがするので、リフレッシュにももってこいのお茶だと言われています。

妊活にルイボスティーがおすすめな理由

抗酸化作用

人間の体は紫外線、ストレス、喫煙、脂肪分の多い食事などの影響で体内に「活性酸素」が増えます。
これは「身体のサビ」とも呼ばれ、老化の原因だとされています。
体内で増えすぎた活性酸素は排卵機能や黄体機能にも影響を与え、不妊の原因にもなりうるとされているので、過剰に増えすぎた活性酸素は除去することが大切なのです。

ルイボスティーには抗酸化作用のあるポリフェノールや人間の身体の中にある抗酸化作用のある酵素に似た働きをする「SOD酵素様成分」という物が含まれているので、高い抗酸化力があると言われています。

亜鉛の働き

亜鉛は、体内で増えすぎた活性酸素を抑える働きのある酵素を活性支え、抗酸化を助ける働きがあります。

ミネラルの働き

ルイボスティーにはマグネシウム、カリウム、カルシウム、ナトリウムなど、ミネラルが豊富に含まれており、その構成は体液の構成人非常に近いと言われています。
そのため細胞を活性化させて代謝を促進する働きがあります。

ルイボスティーの効能

・美肌効果
・老化防止
・代謝改善
・アトピー性皮膚炎の改善
・花粉症などアレルギー改善
・加齢臭の低下
・ストレスの軽減
・二日酔いの軽減
・不妊改善
・美肌効果
・腸内環境を整える
・酵素の補給
・免疫バランスを整える
・便秘防止
・むくみ防止
・夏バテ防止

こんなにもたくさんの効能があることからも、なぜルイボスティーが奇跡のお茶だと言われているのかがわかりますよね。

妊活への効果

ルイボスティーを飲むことで体質改善を行うことが出来るので、次のような効果が期待できます。

・黄体ホルモンの分泌を清浄にする
・黄体ホルモンの感受性をよくする
・子宮内膜を厚くする
・卵母細胞の減少を抑制

こういった改善効果から基礎体温の変化にも清浄なリズムを付けることが出来、妊娠しやすい身体に近づくことができます。
また、卵子や卵巣の老化を遅らせてくれる効果も期待できます。

ルイボスティーの飲み方

市販のルイボスティーはティーバッグになっているものが多いので、水と一緒に火にかけて煮出せば手軽に飲むことができます。
ティーポッドなどで紅茶の用に入れても飲むことができますが、有効成分をより多く抽出するためにもできるだけ煮出して飲むようにしましょう。

また、一度にたくさんのルイボスティーを煮出しておいて、冷やして飲むのもオススメです。
その際、茶葉を取り出さずに入れっぱなしにして保存しておくと、より有効成分を効率的に摂ることができます。
ルイボスティーは渋みが少ないので、入れっぱなしにしておいてもおいしく飲むことができます。

いかがだったでしょうか?
今やルイボスティーは多くの種類が販売されています。
品質や金額などを見極めながら毎日無理なく続けられる物を選ぶのがオススメです。
おいしくお茶を楽しみながら、体質改善に取り組んでいきましょうね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ