2016.12.01 Thu 更新

赤ちゃんが喜ぶバスタオル。選ぶポイントは何?

デリケートな赤ちゃんの肌に使うバスタオルは何を使っていますか? 赤ちゃん用のバスタオルはお風呂上りのほかにも、たくさんの用途があって毎日使う必須アイテムです。 赤ちゃんのデリケートな肌に直接触れるバスタオル選びには細心の注意を払ってくださいね。 なので、今回は「赤ちゃんのバスタオルを選ぶポイント」についてご紹介します!

小さい身体を綺麗に包んでくれるバスタオルには、元々あった用途のお風呂上がりの身体拭きや、入浴後の羽織の役割もあり湯冷め予防効果があります。

お風呂上りの身体拭きや羽織

赤ちゃん用のバスタオルはお風呂上がりに身体や髪を拭くだけではなく、様々な用途で使用されています。
バスタオルの使い方は以下の通りです。

赤ちゃん用のバスタオルって何に使うの?

お昼寝の布団

退院の時などの気温対策や低月齢の赤ちゃんの寝かしつけに使われているおくるみの代用ができます。
おくるみ専用の布を用意せず、バスタオルを使うという方も多くいるようです。

おくるみ

お風呂の次に使用頻度が高いです。
適度な厚さと大きさのバスタオルはお昼寝のときの布団代わりにもなりますよ。

長方形のものと正方形のものがあります。
長方形のバスタオルは、長い辺の方を半分に折れば、新生児期から沐浴後の体拭きタオルとしても使うことができ、成長に合わせて使えます。
また、正方形のバスタオルは、赤ちゃんの体を包みやすい形です。
赤ちゃんをリラックスさせるおくるみとして使いたいときは、なるべく薄手の生地を選ぶようにしてくださいね。

バスタオルの大きさ

バスタオルのおすすめの素材

赤ちゃんの頃は一日にたくさんの量を使うので、いくつあっても困らないバスタオルは、出産祝いの定番アイテムでもあります。
出産祝いとしてプレゼントするなら、赤ちゃんのデリケートな肌のことを考え、肌に優しい生地を選ぶようにしてくださいね。
おすすめの素材は以下の通りです。

ガーゼ素材

洗う回数に左右されることなく、最初の風合いを保つことができます。
生地も薄手の仕上がりなので、乾きやすく扱いやすいという特徴があります。
ガーゼ素材のバスタオルはどんどんお洗濯できる素材です。多めに準備しておきたいですね。

オーガニックコットン素材

綿花が植えられる土作りの段階から化学薬品や農薬を使わずに育てられた綿花素材のことを指します。
地球にも人にも優しい原材料が特徴的ですね。
刺激に敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使うことができますよ。

無撚糸パイル

特殊な技法で繊維によりをかけずに作られた糸のことを無撚糸(むねんし)を呼びます。
日本製の高品質タオルとして有名な今治タオルも、無撚糸で作られたタオルのひとつです。

バスタオルを選ぶときの注意点

バスタオルには様々な種類使用用途がありますが、選ぶときには注意点があります。
選ぶときの注意したいポイントは以下の通りです。

乾きやすいタオルを選ぶ

一度使用したタオルは雑菌が繁殖しやすい状態になっているため、赤ちゃんが使うタオルは毎日洗濯するようにしましょう。
大判のバスタオルを毎日洗うとなると、大きな負担になってしまうので、負担を減らす為にも乾きやすいものを選ぶようにしましょう。

使用前に水通しをする

新品のタオルには糊が付いていることが多く、使い始めはタオル製造時の毛羽立ちが多くでることから使用前に水通しをするようにしましょう。
水通しとは、洗濯機で洗剤を入れずに洗うことを指しています。

多めに用意する

赤ちゃん用のバスタオルは、多めに準備しておきましょう。
お風呂用として3枚から5枚、外出用のものが1、2枚程度あると安心ですね。
成長と必要に応じて買い足すようにしてくださいね。

いかがでしたか?
赤ちゃん用のバスタオルは、形も素材も様々あるため、どれを買ってよいのか分からなくなってしまうことはありませんか?
バスタオルは毎日必ず使うものなので、赤ちゃんの肌に合っているものを選んでくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ