2017.07.20 Thu 更新

本格的な夏到来!赤ちゃんの夏の過ごし方についてのまとめ

生まれたばかりの赤ちゃんが初めて夏を迎える場合、どういった対策が必要なのでしょうか。赤ちゃんは体温調節機能がまだ整っていないといわれていますし、大人とは暑さの感じ方も違いますよね。そこでここでは、そんな本格的な夏到来に向けて、赤ちゃんの過ごし方についてまとめてみましたので、是非ご覧ください。

赤ちゃんの正しい夏の過ごし方について

また、夜、気温が高いと不快に感じてなかなか寝付いてくれなかったりすることもあります。
色々と事前に準備することがあるということを覚えておいて下さい。

冒頭でも書いたように、赤ちゃんは体温調節機能がまだ未発達です。
また、外気温の影響を受けやすく、大人よりも暑さを感じていますし、汗もたくさんかきます。
汗をかくことはさほど問題ではないのですが、汗が原因であせもができたり、脱水症状を起こしてしまったりする恐れがあります。

本格的な夏になってくると、猛暑日を超える真夏日が続きますよね。
室内の温度もどんどん上がり、室内でも熱中症になる可能性があります。
無理をせずにクーラーを使い、温度の調整を行ないましょう。

夏の赤ちゃんの部屋の適度な温度について

基本的に赤ちゃんがいる場合、部屋の温度は25〜27℃程度が最適です。
設定温度が心配な場合は、赤ちゃんの手足を触ったり、汗のかきかたを見て、判断しましょう。
注意してほしいのが、クーラーの風を直接赤ちゃんに当てないように気をつけましょう。

寝る時のスタイルについて

真夏日の夜は、熱帯夜になりますよね。
クーラーを朝までつけて寝るという人も多いのではないでしょうか。
大人でも寝苦しいのですから、赤ちゃんはもっと寝苦しいと思ってください。

また、先述したように外気温の影響を受けやすいので、寝る時は涼しい格好で寝かせてあげてください。
布団も軽い掛け布団などで十分です。赤ちゃんは汗をかきやすいので、大人よりも少し薄めの素材の布団などで良いでしょう。
お腹だけ寝ている間に冷やさないように気をつけてあげてくださいね。

夏の日中の過ごし方について

赤ちゃんの場合、真夏日の昼間なんかは、少しの油断で危ない状況になることがありますので、注意しましょう。
下記に特に注意すべき点についてまとめました。

水分補給

これは大人も1番大事ですよね。
赤ちゃんは自分で水分補給ができませんので、随時様子を見て、すぐに水分補給を行なってください。
赤ちゃんは汗をたくさんかきますので、脱水症状にすぐになってしまいます。

熱中症対策

日中外で散歩をしたりすることもあると思います。
赤ちゃんは大人よりも、アスファルトとの距離が近いので、熱気をより感じています。
ベビーカーに乗っていても、暑さは大人以上と思ってください。

水分補給は必ず行い、帽子をかぶらせたり、保冷シートを貼ったり持たせたり、赤ちゃんに熱がこもらないように、工夫してください。
移動中の車の中でも同じです。こまめに様子をチェックしてあげてくださいね。

あせも

赤ちゃんが汗を沢山かくということは、もう分かっていただけたと思います。
汗をかきやすい時期は、あせもができやすいのでこまめに着替えたり、シャワーを浴びせたりして、なるべく清潔な肌を維持するように意識してください。
基本的にが通気性の良い服を着せることがポイントです。

最後に

いかがだったでしょうか。
大人でも体力的に厳しい真夏です。
赤ちゃんも同じ、いやそれ以上だと思います。
自分では体調の変化などを訴えることはできませんので、大人が様子をしっかりと見て、変化に気付いてあげることが大事です。
事前にしっかりと準備して、良い夏を送ってくださいね!

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ