2017.07.27 Thu 更新

着床痛って何?いつ頃感じるの?どんな症状?

妊活に取り組んでいる方なら「着床痛」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?卵子は精子と出会い受精卵となって、子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。この着床時に起こる痛みを着床痛と言いますが、実はこの着床痛は医学的な根拠は無いそうです。しかし、多くの妊娠経験者が着床痛を感じているようで、妊娠兆候として広く知られています。そこで、ここでは着床痛の症状や現れる時期等とをご紹介いたします。

着床痛って何?

妊娠した人の多くが着床時に痛みを感じたと言うことから、妊娠兆候として広く知られている着床痛ですが、実は医学的根拠のあるものではありません。
着床時の痛みではなく、排卵痛や妊娠初期の子宮の変化による痛みをちゃう章による痛みだと勘違いしているのではないかという考えもあるようです。

受精卵が子宮内膜に着床する際に起こる痛みのことを「着床痛」と言います。
受精卵は、着床後雌雄内幕の中へ潜り込んでいくので、それが痛みにつながると考えられています。
また、その際に起こる出血は「着床出血」と呼ばれています。

多くの妊娠経験者が「着床痛を感じた」と話していますが、いつ頃着床痛を感じるのかは人によって異なります。
多くの方は生理予定日1週間前〜少し前くらいの期間に痛みを感じる方が多いようです。
生理予定日の約14日前に排卵が起こり、その後受精卵が着床するまでに10日前後かかると言われていますので、多くの方が着床痛を感じた時期と着床の時期は重なっていますよね。

着床痛を感じる時期はいつ頃?

どんな症状が出るの?

着床痛を経験したという方の多くは、チクチクした痛みを感じたようです。
痛みを感じる場所には差があるようで、足の付け根、お腹全体、下腹部など色々な話があります。
しかし、全く痛みを感じなかったという人も多くいますので、着床痛がなかったから妊娠していないということではありません。

妊娠初期に起こる症状の一つに腹痛や腰痛があります。
この腹痛は着床した胎芽が子宮の中で成長していく時に感じる痛みで、チクチク・ズキズキといた痛みを感じることがあるようです。
また、リラキシンというホルモンが分泌されることで、骨盤の関節を緩めるさあ用があるので、腰の痛みを感じることもあるようです。

これらの腹痛や腰痛を着床した時の痛みだと勘違いしていることもあるようです。
この症状には個人差が大きいので、着床痛や妊娠症状を全く感じずに生理が来なかったので調べたら妊娠していたという事もあります。

まとめ

妊娠を待ち望んでいる人にとっては、妊娠兆候と言われている着床痛を感じると嬉しくなってしまいますよね。
しかし、医学的な根拠のない現象ですので着床痛が起こると言われている時期に痛みを感じなくても、妊娠していないということではありませんので、気にしすぎないようにしてくださいね。
基礎体温表や自分の体調をいながら、生理予定日の1週間後まで生理が来なかったら、検査薬などを使って確かめてみましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ