2017.08.18 Fri 更新

秋生まれの赤ちゃんの出産準備についてのまとめ

夏もそろそろ終わりに近づいて来て、これから少しずつ寒くなってくる時期です。季節の変わり目の時期は、気温や気候が不安定です。この時期に出産を控えているお母さんたちは、赤ちゃんの服装について迷うと思います。そこでここでは、夏から秋にかけての時期に生まれる赤ちゃんの出産準備についてまとめてみましたので、是非ご覧下さい。

この辺りは最低限、用意しておきましょう。

・短肌着4〜5枚
・コンビ肌着4〜5枚
・紙おむつ1袋
・おしりふき
・おむつ替えマット
・ベビー布団・シーツ・タオルケットなど
・母乳で育てる場合は母乳パッド・授乳グッズ
・ベビーバス・ベビーソープ
・哺乳瓶やおもちゃの消毒用品

赤ちゃんの出産準備は、季節に関係なく基本的に用意しておくべきものがたくさんあります。
例えば授乳ケープや哺乳瓶、おむつやおしりふき、お風呂グッズ、布団などは基本的にいつ生まれても準備が必要です。
以下に最低限まとめておくべきものをまとめてみましたので、ご覧下さい。

出産準備について

秋生まれの赤ちゃんの出産準備で気をつけること

秋生まれの赤ちゃんは、季節の変わり目ですので、気温の高低差に影響を受けやすいです。
赤ちゃんは体温調節機能が未熟ですので、服装は体温調節がしやすい格好をなるべく選びましょう。
特に秋は夕方頃から急に冷え込む日もありますので、日中と夕方の気温の差を考慮した格好が望ましいです。
また、9月に生まれても実際に外出できるようになるのは1〜2ヶ月後ですので、10月、11月です。
その時期は防寒のこともしっかりと考えておく必要があります。

秋に生まれる赤ちゃんの出産準備

フライス

では具体的に、秋に生まれる赤ちゃんの出産準備についてまとめてみましたので、ご覧下さい。
まずはオススメの肌着から。

赤ちゃんの肌着の定番で、季節を問わずに使えるのが特徴です。
リブ編みの木綿生地で肌触りが良く、伸縮性吸湿性も兼備えているので、この時期に生まれる赤ちゃんには最適の肌着です。

平編みの木綿生地で、フライスより少し薄めです。
9月生まれなどで夏の暑さがまだ続いている時期にはオススメです。
ただ冬に近づいてる場合は、保温性に欠けるので注意しましょう。

天竺

次にオススメの衣類についてです。

カーディガン

体温調整用に上から羽織るカーディガンを用意しましょう。
ベースは基本の服の組み合わせにして、厚着をさせないように気をつけてください。

防寒着

ポンチョやカバーオールなど、少し厚手の防寒着を準備しておきましょう。
外出できるようになるのは冬ですので、しっかりと防寒対策は必要です。

靴下

こちらも防寒用で用意しておきましょう。
1〜2足持っていると便利です。
寒くなってくると足から冷えますので、外出時には必ず履かせるようにしてあげると良いでしょう。

ブランケット

ブランケットは日よけ用や防寒、色んなシーンで使えますので大変便利です。
抱っこしている際にブランケットで体を覆ってあげると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
季節の変わり目は、寒暖の差が激しいのでしっかりと気をつけましょう。
昼間は暖かくても夜に急に冷えることは全然ありますので、すぐに防寒できるものを持ち歩いておくことをオススメします。
赤ちゃんは体温調節機能が未発達ですし、自分で寒い暑いを伝えることがまだできませんので、様子をよく観察して、服装の調整をしてあげてくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ