2017.09.07 Thu 更新

妊活と漢方について。不妊症で処方される漢方とは

漢方は体質改善したり、妊娠できたりなど良い効果がたくさんあります。ですので、不妊症の方には漢方が処方される場合があります。ただ漢方は難しい名前が多く、どれを選んだら良いのか分からない!という人も多いと思います。また、副作用も気になりますよね。そこでここでは、不妊治療で処方される漢方についてまとめてみました。

手足の冷えや体の疲れ、内蔵系の不調など病気になりかけの状態を未病といいます。
漢方はそんな体質を改善していく為に、特に未病に対して有効だと考えられています。
一方で手術可能な病気や感染症に関しては、患部を直接治す西洋医学の方が向いていると言われています。
それぞれの症状によって、どのように治療していくのかを見極めて対処するようにしましょう。

何にでも効く訳ではない

たとえ同じ病気でも、その人その人の体質や体型、抵抗力など違いますので、それぞれに合った漢方を処方します。現在は生薬を煎じて服用することは少なく、エキス顆粒が多いです。
市販薬として、薬局でも購入することができます。

漢方はもともと、中国から伝わった医学が日本で独自に発展し、確率した治療方法です。
西洋医学と異なる点は、病気になった所を直接治療するのではなく、その人の体質に合わせて体全体を中から調整することで、改善していくというやり方です。

漢方とは

副作用について

漢方には副作用がないと思われがちですが、体質によっては合わない人も当然います。
また逆に効き過ぎて、じんましんや熱、むくみ、動悸、不眠、熱、食欲不振などの症状を引き起こす場合もあります。
専門家でなければ原因が特定できないこともありますので、表に出ている症状を自己判断するのは体調不良に繋がる危険性がありますので注意してください。

漢方はどこで買う?

初めて買う場合漢方は、通常の薬のようにドラッグストアで買うのは避けてください。
一応買えますが、自分に合わなかった場合は副作用が出てしまいますので、はじめは自分に合った漢方を処方してもらう為に、取り扱いのある産婦人科や専門の薬局で処方してもらいましょう。

漢方医学では、元々の弱点を補っていくことで丈夫な体を作れる、という考えですので不妊の解消も漢方で改善することは可能なんです。
不妊には様々な原因がありますが、その原因が分からなかった場合でも漢方で対処できるというのは、大きな魅力の一つだと思います。

漢方は自分に合っていないと意味がありませんし、副作用を引き起こします。
なぜなら、人の体は持って産まれた先天的な体質と、後天的に作られる体質があります。
先天的な体質は変えれませんが、後天的な体質はまだ変える事ができます。

不妊への効果は

不妊で悩む方は、漢方で体質改善をはじめてみましょう

漢方は、自分に合ったものであればしっかりと効きますし、体質改善にも役にたちます。
ただその種類の多さから、なかな自分では分からないことが多いと思いますので、きちんと専門医の方に聞いて、自分に合う漢方を処方していただきましょう。

ただなんとなく漢方は高かったり、高級なイメージがある方もいるのではないでしょうか。
でも実際はそんなことはなく、手軽にドラッグストアで買えるものもありますし、不妊に悩んで体と心のバランスを崩してしまうくらいなら、早めの検討をオススメしますよ。
他にもサプリメントも活用しながら妊娠しやすい体作りを目指していくのも一つの方法です。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ