2016.05.28 Sat 更新

出産体験まとめました!

お腹の赤ちゃんが大きくなってくると、もうすぐ会える喜びとともに出産に対する不安も大きくなってきますよね。第一子だと、特に不安も大きいと思います。そんなお母さんたちのために、先輩ママさんの経験談を集めてみました。これを読んで、心配しすぎることなく、リラックスしてお産に臨んでくださいね。

当時私は22歳で、初めての出産だったので色んな雑誌や育児書を読みあさり、自分なりに予備知識を蓄えていました。
しかしいざ陣痛が始まると、なかなか想像通りにはいかなくて、でもお腹は痛くて、お産を促進させるよう歩いたりして頑張りました。
ですが、自然に子宮が開くのに結局半日以上かかり、そこから分娩台に上がったのですが、そこからも長かったです。
力んでもなかなか我が子は出て来ず、帝王切開の可能性もでてきたくらいです。
それでもなんとか頑張って、合計28時間後にやっと我が子の泣き声を聞きました!
その時は本当に28時間もお産していたのかと思うくらい、全くそんなことは忘れてただただ、旦那と喜びに浸りました!
出産前に、陣痛がきたらこうしようとか、予定日を過ぎたらどうしようとか、色んなことを考えていましたが、そんな事は実際にお産を迎えたら、余計な悩みだったと思いました。
無事に産まれてきてくれたらそれで良いですね!

合計で28時間!

20歳前半で初めての妊娠・出産を経験しました。
旦那と車に乗っていたのですが、急に陣痛が来てそのまま病院へ直行しました。急な出来事で正直何がなんだか分からなかったです。
そのまま出産に至ったのですが、出産自体はそんなに想像していたほど痛くなく、約1時間程で終わったと思います。
ただ予定日よりも早かったのもあるのですが、体重は3000kgには達しておらず、産まれてから数日間は保育器に入っていました。ですが、その後はスクスクと成長してくれて安心しました。
ただ私自身、学生時代から運動等を特に行なっていた訳ではないので、体力不足は痛感しました。
子育ては本当に体力を使うなあと、日々実感しています。

初めての出産

出産は初めての人にしたら、楽しみもありますが不安もありますよね。周りに出産経験者の人がいると沢山話しを聞いて、色んな想像をする人もいると思います。
今回は本当にあった20代の出産体験者の方の口コミをまとめましたので、是非参考になれば幸いです。

私は予定日の前日に出産したんですが、午前中の検診では3200kgと言われていたので、予定日までお腹の中にいたらどこまで大きくなるのかなあと少しドキドキしていました。
ですが実際は前日に出てきてくれたので、安心しました。
陣痛が来た時は、普通に家でTVを見ていました。
陣痛が来てからは病院へすぐ連絡して、向かいました。入院用の道具も準備していたので、すぐに家をでることができました。
病院についてすぐに、分娩台に行きました。
私が病院へ着いてすぐに、助産師さんや先生が来てくれましたが、痛みをずっと感じる間もなく、すぐに頭が出てくれて、そのまま
あとは簡単に出てくれました!
体重は3600kgを超えていて、元気な赤ちゃんだったので安心しました!トータルで病院についてから4時間もかからず、
あっという間でした。

あっという間でした!

私は双子の出産を経験しました。
双子はやっぱり一人の時と比べて、リスクもありますし、出産も大変なので、色々と準備をしたり自分でも色んなことを調べてみました。ですがやっぱり不安も大きかったので、入院は早めにして出産に備えていました。
入院していると先生にもすぐに色々聞けますし、安心してその時を迎えることが出来ました。
結果的には帝王切開での出産にしたのですが、麻酔のお陰で痛みはほとんどなく、スムーズに出産する事が出来ました。

双子の出産は大変だったけど、喜びも2倍!

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ