2016.10.09 Sun 更新

妊娠検査薬について。精度や使うタイミング、違いについて

妊活中の方にとっては、妊娠は早く知りたいものですよね!そんな時に妊娠検査薬は重宝すると思います。手軽で便利、すぐに診断できますが、この妊娠検査薬は使用する時期を間違えると、間違った結果が出てしますことがありますので、正しい結果を知る為にも使い方や、使用するにあたり、正しい時期についても見ていきましょう。

検査薬の精度は一般的に普及しているもので、99%以上と記載されているものを選べばほぼ間違いなく判定できます。
ですが、冒頭にも書いたように、時期を間違ってしまうと正しい検査結果が得られないこともありますので注意してください。

検査薬の精度について

妊娠検査薬に尿をかけるのはそのためです。妊娠していれば、陽性の変色反応を示すよう作られています。
使い方は簡単で、基本的に説明書の指示に従い、尿をかけるだけで検査結果が出ます。
病院で検査する場合もありますが、仕組みはほとんど同じですので、自宅で自ら行なう方が大半だと思います。

そもそも妊娠検査薬とは尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とよばれる成分の濃度を検査し、妊娠しているかどうかを調べる検査薬です。
妊娠すると、黄体ホルモンの分泌を継続させるために、hCGが胎盤から分泌されます。
このhCGは排出される尿中にも含まれます。

妊娠検査薬について

妊娠検査薬の他に、一刻も早く妊娠結果を知りたい人向けの、早期妊娠検査薬があります。
使用方法は、一般的な妊娠検査薬と同じで、尿をかけて検査します。
一般的な検査薬と違い、生理予定日前から使用出来ますが、タイミングが非常に難しいのと、陰性が出たとしても、確実に生理が来るまでは妊娠の可能性は否定できません。

早期妊娠検査薬との違い

ここで気になる、検査薬を使うタイミングですが、以前は朝を推奨する物が多かったのですが、今では朝・昼・夜のいつでもつかえる物が多くなっています。
元々、朝使用することを進めていた根拠としては、朝の尿にはhcgホルモンが尿中に凝縮されているといったことが言われていたからだそうです。
しかし先述したように、今では朝に限らずいつでも判定可能になっていますので、特に朝使う方が良い、とするものではないようです。

検査薬を使うタイミング

使用の時期については、生理予定日1週間後あたりが一般的です。
ここで一つ注意してほしいのが、不妊治療などでホルモン治療を受けている方は、お薬の影響により妊娠の有無に限らず、陽性反応が出ることがあります。もし何らかの治療を受けている方は、検査する場合は医師の指導により検査することをオススメします。

まとめ

早期妊娠検査薬も通常の妊娠検査薬も、確実ではありませんので、疑陽性・疑陰性など誤った検査結果が出る場合があります。
疑陽性がでるケースとしては、不妊治療を受けている方などの体内に、残存するhCG製剤に妊娠検査薬が反応してしまい、妊娠が成立していないのにも関わらず、陽性反応が出る場合があります。
また、疑陰性がでるケースでは、検査時期が早すぎたり、尿が薄い為に疑陰性がでたりする場合があります。

検査薬の疑陽性と疑陰性

早期妊娠検査薬と通常の検査薬とでは、使い方は同じですが使用時期が異なりますので、自分に合った方を使うようにしてください。
どちらの検査薬も正しい時期を判断するのは難しいですが、きちんと妊娠していれば陽性反応は出ます。

判定結果が怪しい場合は、数日検査を続けることをオススメします。
あくまでも検査薬は判断基準ですので、判定結果が出た場合は早めに産婦人科を受診し、正確な妊娠確定を受けるようにしてください。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ