2016.03.03 Thu 更新

妊活に漢方ってどうなの?当帰芍薬散と加味逍遥散の効果

クリニックでの不妊治療以外にも、妊活に漢方を利用して体質を改善し、妊娠しやすいカラダづくりを行う人が増えています。漢方といえば自然の成分を利用するのでカラダに優しく、安心sにて利用dケイルイメージですが、本当に妊活に役立つのでしょうか?そこで妊娠におすすめと言われている当帰芍薬散と加味逍遥散の効果についてご紹介いたします。

クリニックで行われる、いわゆる「不妊治療」は、「検査をする⇒不妊の原因をつきとめる⇒治療する」ということの繰り返しです。
そのため、卵巣・子宮・卵管・精巣といった臓器の異常が原因である場合(器質性不妊)には、非常に強みを発揮します。
ただ、現代医学では原因がわからない不妊も相当数あって、こういった場合には、有効な手立てが講じられない場合もあります。

漢方とクリニックの不妊治療の違いは?

でも、漢方って本当に効くのかな?って疑問に思っている人も多いようです。
一方で、不妊治療を何回トライしても妊娠できなかった人が、漢方で妊娠したという話もよく聞きます。

そこで、今回は「妊活で利用される「漢方」ってどんなものなのか」についてご紹介します!

妊活で漢方を利用する話って、不妊治療と同じくらいにメジャーかもしれません。
妊活雑誌にも、不妊体質を治すための漢方薬局は、よく特集で載っていますね。

一方で、漢方は「体質改善」をすることで、不妊を克服していこうとします。
そのため、不妊治療で原因がわからない場合に強味を発揮することが多いようですね。
不妊の原因が生殖器官だけにあるわけではないと考えて、体全体のコンディションを整えることから治療が始まることが多いようです。
冷えやストレス、血流の悪化といった体質が無いか?を診てもらい、どこかに問題があれば、それを治すための漢方薬を処方してもらいます。

メリット

漢方薬のメリット・デメリットは?

もちろん、生殖器に全くタッチしないわけではありません。
生理周期を整えるため、卵巣機能の改善のための漢方もあります。
ただ、あくまでも「体全体の体質改善をして妊娠体質を作っていく」というのが漢方の基本スタンスになっています。

体の中から原因を取り除き体質を改善する漢方薬は、続けることで病気が発症しにくい体になります。
つまり、体そのものが健康で病気の因子を持たない状態になるということです。
きちんと土台を作ってやることで、病気そのものにかからなくなります。

体質改善は昨日今日始めていきなり効果を発揮するものではありません。
特に漢方は体に負担がかからない分効き目は非常にゆっくりで、一つの漢方の効果の有無を確かめるのに最低3ヶ月は飲み続けてみる必要があります。

デメリット

妊娠に効く漢方薬「当帰芍薬散」

不妊の方が飲む漢方としては一番有名なのではないでしょうか。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)とは、女性の聖薬とも呼ばれており、さまざまな女性特有の症状を改善するための漢方薬です。冷えや貧血、胃腸虚弱など、女性ならではのトラブルに広く用いられ、妊娠を望む、いわゆる妊活中の女性にもとても注目されています。

当帰芍薬散は冷えとむくみを改善し、ホルモンバランスを整えるので、生殖機能を正常な状態に保ち、妊娠しやすい身体への導いてくれるのです。
流産予防にも効果をあげている漢方薬なので、妊娠発覚後も続けて服用する人は少なくありません。
また、服用し続けることで悪阻の軽減や妊娠高血圧症候群などのトラブル防止にもなるといわれています。
分娩時間の短縮や陣痛の軽減がみられたというケースも報告されています。
色白で華奢。腹部の力が弱く、一般に虚弱体質といえる人のための薬でもあるので、やせ型で体力のない人にオススメとされています。

当帰芍薬散の服用における注意点

【即効性はない】
漢方薬は体質を改善し、身体の根本から健康になるためのものです。
内側から徐々に効いていくものなので、当帰芍薬散を服用したからといってすぐに妊娠しやすい身体になるわけではありません。しかし、体質や症状と漢方薬が合致していれば、効果を感じるのにそれほど時間はかからないといわれています。

【誰にでも効果があるわけではない】
当帰芍薬散は、色白で華奢で、腹部の力が弱く、一般に虚弱体質といえる人のための薬でもあります。
そのため、誰が服用しても効果が得られるわけではありません。
腹部に力があり、血色がよいタイプの人には投与を控えたほうがよいとされています。
また、胃腸の弱い人や吐き気を催しやすい人にも向きません。

【安易な服用は逆効果】
「当帰芍薬散が妊娠に良いらしい」と聞いて、市販の漢方薬を自己判断で服用してしまうと危険です。
体質や症状と合わない薬は、逆効果になったり、体調を崩す原因になったりします。
服用する場合は、必ず医師の指導の元に行いましょう。

妊娠に効く漢方薬「加味逍遥散」

加味逍遥散(かみしょうようさん)は冷え症などを改善する漢方薬で、妊活女子の間で話題です。
冷え症は万病の元ともいわれ、子宮などの生殖機能にも悪影響を及ぼすので、不妊の大きな原因となっています。
また、冷え症は流産を引き起こす黄体機能不全、子宮内膜機能不全などの要因にもなります。

しかし、漢方薬は体質や症状を見極めて使用しなければ効果は出ません。
特に加味逍遥散は流産を引き起こす恐れのある成分を含有しているので、妊娠前のカラダには良くても、妊娠後の服用は厳禁です。

加味逍遥散は血液循環を良くする漢方薬なので、冷え症や月経不順など、女性特有の症状の改善に効果を発揮します。
血液は子宮や卵巣などのエネルギー源となるため、循環を良くすることで妊娠しやすいカラダを整えることができます。
また、加味逍遥散は精神を安定させる効果もあります。
カラダを健康にすることでストレスが緩和され、精神的にも「妊娠しやすい状態」になることをサポートしてくれるのです。

加味逍遥散の服用における注意点

【流産を誘発する成分が入っている】
加味逍遥散は妊娠しやすいカラダ作りをサポートしてくれる漢方薬ですが、「牡丹皮(ぼたんぴ)」と呼ばれる流産を引き起こす成分が入っています。
血液の熱をとる作用があるので、子宮内で良くない影響を及ぼし、胎児が流れてしまう可能性があります。
大量でなければ問題ないとされていますが、妊娠発覚後、加味逍遥散の服用については速やかに医師に相談しましょう。

【体質に合わない場合がある】
加味逍遥散などの漢方薬は体質に合わせて服用しなければ効果が期待できないどころか、副作用に苦しめられることもあります。
重い副作用はとても稀ですが、食欲不振やむくみ、血圧の上昇などが見られる場合があり、逆効果です。
もともと即効性がなくじわじわと効いてくるのが漢方薬の特徴なので、せっかく服用し続けたのにも関わらず効果が得られなければ、時間とお金の無駄になってしまいます。

漢方薬にはたくさんの種類があり、服用し始めてから約一ヵ月間は続ける必要があります。
即効性がないからとすぐに次の漢方を試すというのはあまりよくありません。
また飲み始めてから、なんらかの副作用が出た場合、体質に合わないこともあるので慎重に様子を見ることも大切です。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ