2017.04.26 Wed 更新

赤ちゃんの遊び飲みっていつ頃始まるの?いつまで続くの?原因や対処法は?

出産後すぐは、ママも赤ちゃんも授乳に慣れていないのでうまくいかないこともあります。 しかし生後3ヶ月頃になると、お腹が空くタイミングもわかってきて少しずつ授乳に慣れてくるのではないでしょうか? しかし、順調に授乳をしてきたのに急に赤ちゃんが飲んでくれなくなって、心配になることはありませんか? それは「遊び飲み」が始まったサインかもしれません。

いつ頃からするの?いつまで続くの?

遊びのみを始めると、「量が足りていないんじゃないか」と心配にもなりますし、いつも以上に授乳に時間がかかってイライラしてしまう事もあるかもしれません。
しかし、この遊び飲みは赤ちゃんの成長の1つなので、機嫌がよく体重もしっかりと増えていればそんなに心配する必要はありません。

生後3ヶ月前後の赤ちゃんは、だんだんと周囲のものや音に興味を持ち始めます。
そんな時期に始まるのが「遊び飲み」です。
遊び飲みの様子は様々で、おなかが空いているはずなのに乳首を押し返してきたり、いきなり口を放したり、口に乳首を含んでいても笑っているだけで飲もうとしないこともあるようです。

遊び飲みって何?

新生児の頃にはおっぱいやミルクを飲むことになれていないので、上手に据えていない事はありますが、遊び飲みをすることはありません。
遊び飲みを始めるのは一般的には生後3〜5ヶ月頃からといわれています。

遊び飲みの原因って?

遊び飲みが続く時期にも個人差があり、初めてから1ヶ月程度で治まる子もいれば、卒乳まで続く子もいます。
なぜ遊び飲みをするのかを考えて、それにあった対処法をとってあげることで遊び飲みをやめることもありますので、まずはなぜ赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうのかを考えましょう。

この遊び飲みを始める時期には個人差も大きく、生後2ヶ月頃から始める子もいれば、ほとんど遊び飲みをしないで卒乳を迎える子もいます。

赤ちゃんが遊び飲みをしてしまうのは、赤ちゃん側とママ側の原因があるといわれています。

赤ちゃん側の原因

【音が気になる】
授乳中にテレビや音楽を付けたままにしていませんか?
また、外の車の音や人の声が聞こえてきませんか?
気になる音がすると、赤ちゃんがそちらに興味を持ってしまって授乳に集中できなくなります。

【景色が気になる】
授乳のために抱っこすると、いつもと目線が変わるために周りの景色に赤ちゃんの興味が移ってしまい、授乳に集中できなくなることがあります。

【歯が生えてきた】
歯のハエはじめの時期は、歯茎がムズムズとしてうまく乳首をくわえられなくなることがあります。
生後6ヶ月前後から遊び飲みを始めた子は、乳歯のハエ初めの違和感で授乳に集中できなくなっている可能性があります。

ママ側の原因

【母乳の質・ミルクの味が変わった】
ママの食事や体調などによって母乳の質が変わってしまっている可能性があります。
以前に比べて脂っこいものや糖分を多く含むものを食べてしまっていませんか?

ミルクの場合には、種類を変えるt味が変わって飲んでくれないことがあります。
また、温度の変化でも飲んでくれなくなることがあるので、熱すぎたり冷たすぎたりしないか、濃すぎたり薄すぎたりしないか確認してください。

【量の変化】
乳首が硬かったり張りすぎていたりすると十分な母乳の量が出ません。
哺乳瓶での授乳の場合も、ずっと同じものを使っていると赤ちゃんの口の形と乳首の形が合わなくなって、十分に飲めていない可能性があるので、見直してみましょう。

対処法は?

授乳をする際には、物の少ない部屋でテレビや音楽を消して、窓を閉めるなど静かに授乳に集中できる環境を作ってあげましょう。

遊んでしまって飲まない場合には、一度授乳を切り上げて気分転換をさせてあげるのも良いでしょう。
次に欲しがるタイミングや、30分〜1時間あけて再度授乳をすると飲んでくれることがあります。
また、眠たい時には集中して飲んでくれることが多いようなので、タイミングを見計らって授乳をしてみるのもオススメです。

母乳の場合の対策

まずは、ママの食事の内容を見直してみましょう。
脂っこいものや甘いものは極力避けて、薄味で健康的な食事を三食規則正しく摂るようにしましょう。

また、乳首が硬かったり張りすぎていたりする場合には、こまめにおっぱいマッサージを行うのもオススメです。
症状がひどい時には母乳外来や助産師さん、産婦人科に相談してみましょう。

ミルクの場合の対策

口の大きさに合わないサイズの乳首は口から離れやすく、赤ちゃんが集中して飲むことができません。
新生児の頃から同じサイズの乳首を使っている場合には、月齢に合わせて見直してみましょう。

また、気温の低い時にはミルクがすぐに冷めてしまいます。
温度が変わると飲んでくれない赤ちゃんも多いので、哺乳瓶をタオルでくるむなど、冷めにくくするようにしてみましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ