2017.07.23 Sun 更新

ボールプールは子どもの発達に良い影響がある?

ショッピングモールなど屋内で子どもを遊ばせることができる施設にはボールプールの遊具がある場所もありますよね。カラフルな色のボールがたくさん入っていて子どもにも大人気です。今回はボールプールが子どもにとっての影響と注意点を紹介します。

そもそもボールプールって?

おもにイベントやパーティなどにおいて子供の退屈しのぎの目的に貸し出されることが多く、託児所、遊園地、イベントの会場、ゲームセンターなどに設置されています。
ボールプールには、大人が入れる面積をもつ規模のものから、家庭用の小型のものに至るまで多種多様にあります。

ボールプールは、大きめな長方形の箱型に、小さくカラフルなプラスチックでできたボールがたくさん入っている、子供の遊び場および子ども用のおもちゃです。子供がボールプールの中で自由にボールと戯れて遊ぶことができます。

ボールプールで遊ぶことで、子どもの運動神経の発達に効果的といわれています。

ボールプールは子供の発達にどんな影響がある?

子どもの身体への触覚の刺激

まず最初は触覚への刺激から、子どもの運動能力への刺激が得られると考えられています。
プールの中にはプラスチック状のボールが敷き詰められていますので、そこへ身体を寄せることにより、子どもが全身の触覚の刺激をえることになります。

多様なボール遊びから得る運動機能の向上

初期ではボールの上をただ歩いたり、ボールを踏んでみたり、ボールに埋もれたり、という様な遊びを展開していた子供も、遊び方に慣れてくるとボールを投げる、ボールをより分けて進むことへと、遊び方をシフトしていく傾向がみられます。

こうして、子どもの年齢ごとに異なる遊びが運動機能の発達につながっているといいます。

ボールプールの効果的な遊び方とは?

1歳〜3歳児への遊び方

パパやママが子どもをボールプールへと連れて行き、親が見守っている中で、同系色のカラーボールを集めたり、ボールを放る、拾うといった小さなキャッチボールを行うこともおすすめです。

3歳以上の子どもの遊び方

3歳以上にもなると、1人でボール投げを行うようになります。
輪投げのようにボールを投げる先を決めておいて、いろいろな投球方法を体験することができます。
ほかにも、身体をたくさんのボールに寄せてみたり、ボールをかき分けて進んでいったりと、子どもは遊びの名人です。
子どもの好奇心を上手に利用してたくさんの遊び方を促しましょう。

ボールプールを使用する時の注意点

子どもをボールプールで遊ばせる際には以下のことを注意するようにしましょう。

・低年齢の子どもには親が一緒に付き添って参加すること。
・年齢問わずに、親の監視下の元で遊ぶこと。
・周囲に大勢の人が「プール ボール」を利用しているときは、投げる方も、ボールの投球に注意する。
・特に小さな子どもが周囲にいるときは、親が目を離さないようにする。
・小さな子供の窒息事故に注意させる。
・小さな子どもの場合には口にボールを入れさせないように大人が見守る。
・ボールは持ち帰らない。

公共の施設であそばせる際の周囲への配慮から、家庭用に至るまで、子どもの安全上に注意を払う姿勢が大切です。
子どもと大人がともに遊べる遊具という認識で、子供を遊ばせましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ