2017.08.08 Tue 更新

家族で一緒に寝れるベッド選びはどれが最適?

小さな子どもがいる家庭だと、親子一緒になって寝ているという家族も多いと思います。子ども1人の3人家族ならまだしも、子どもが2人となってくるとどうしても窮屈ですよね。今回は小さな子どもがいる4人家族の寝室におけるベッド選びについて紹介します。

ベビーベッドを使う?

まず、4人家族で下の子がまだ赤ちゃんの場合、ベッドからの転落や落下がないようにしなければいけませんよね。
それに合わせて全てを変えるようにすることも考えていきましょう。

4人家族のベッド環境

赤ちゃんがいる家庭だと、まずは赤ちゃんを基準に寝室作りを考える必要があります。
ベビーベッドを使う場合は、親もある程度の高さのあるベッドの方が授乳や夜泣きのあやしもやり易いです。
そうなるとシングルベッドを2つにベビーベッドが最適になるでしょうか。
シングルベッド2つ、もしくはそれに準ずる大きさのベッドに、ママとパパの間に上の子が寝て、赤ちゃんがベビーベッドという形です。
シングルベッドを並べる場合はベッドとベッドの間に隙間ができやすいので、隙間をなくすパッドや全体を包める大きなボックスシーツがあると便利ですよ。

逆にベビーベッドを使わず、さらに床に布団ではなくベッドで寝たいというパターンだとかなり難しくなります。
この場合だと、例え広いベッドを使っていたとしても赤ちゃんが万が一落下する可能性を考えたらベッドを撤去した方が良いでしょう。
ベッドガードをつけるという選択肢もありますが、新たにベッドを新調するならローベッドにすることをおすすめします。

ローベッドならば落下しても、床にジョイントマットなどを敷いておくことで重大な事故には繋がりにくいです。
また、4人で寝ることを考えたらかなり大きなベッドが必要になります。
ダブルベッドのサイズで4人寝るのは厳しいので、できればキングサイズ(幅約200cm)が望ましいです。

ジョイントベッド

例えば、セミダブルサイズのベッド2台をジョイントさせることで幅約240cmのキングサイズより大きなベッドにすることも可能ですし、親がそれを使い子どもにはシングルベッドをあげるというのもいい方法です。
ベッドは頻繁に買い換えるようなものでもないので、このような1つとしてでも2つに分けても使えるジョイントタイプのベッドは今後のことを考えても重宝するのではないでしょうか。

キングサイズレベルの大きなベッドも良いですが、最近ではジョイントベッドと呼ばれる、2つのベッドをつなぎ合わせるタイプのベッドがおすすめです。
ジョイントできて隙間がなくなるので広さが確保できる上に、子どもが大きくなったら別々に離して使うこともできます。

おわりに

今まで使っていたベッドが家族が増えたことで買い替えを検討するのなら、家族全員で寝ることのできるベッドを考えても良いのではないでしょうか。
将来のベッドの配置計画も立てやすいですし、安全にみんなで寝ることもできます。

布団が一番安全かもしれませんが、布団はほこりが舞いやすいのでアレルギーの心配もありますし、高さがあるベッドだと落下の危険性は無視できません。
小さな子どもがいる家庭にはローベッドが一番バランスが良いのでおすすめですよ。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ