2016.05.26 Thu 更新

赤ちゃんのおすすめベビー肌着ブランドはコレ。おすすめ5撰を紹介

赤ちゃんが生まれる前から準備しておくべき、ベビー肌着。デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れるものだから、質が良いものを選びたいですよね。でも、ミルクやウンチですぐに汚してしまうから安価なものを選びたい。そんな悩めるお母さんたちのために、ベビー肌着5撰をご紹介していきます。

基本:短肌着+ウェア
お部屋で寝るとき:短肌着+長肌着またはコンビ肌着
肌寒いとき:短肌着+コンビ肌着+ウェア
冷え込むとき:短肌着+コンビ肌着+ウェア+ベスト
暑いとき:短肌着またはコンビ肌着のみ

肌着の組み合わせ

・短肌着
一番基本となる肌着です。新生児から生後3ヶ月くらいまで着用できます。丈は腰まであり、汗を吸い取る役目をしてくれます。一般的に内側に1本、外側に1~2本の紐で留めます。上に丈の長い肌着やウェアを重ねて使用します。
・長肌着
こちらも短肌着と同じく、新生児から生後3ヶ月くらいまで着用できます。短肌着の丈を長くしたもので、スナップが無いスカート型になっています。おむつ替えが多い新生児期に便利な肌着です。
・コンビ肌着
長肌着のように丈が長く、赤ちゃんのM字開脚体型に合わせて作られた、裾広がりの肌着です。股の部分をスナップで留めることができ、あんよが上手になってきた赤ちゃんにおすすめです。
・ボディ肌着
股の部分をスナップ留めできる肌着です。メーカーによってはボディスーツ、ボディシャツ、グレコと呼ばれています。体にフィットしてくれるので、動き回っても肌着が捲れ上がる心配がありません。デザインによってはウェアとしても使用できます。
・カバーオール型肌着
足部分までしっかりカバーされた肌着です。どんなに動き回っても肌着が捲れ上がる心配がありません。

・ラップアップ肌着

ラップアップ肌着は、カナダの老舗ベビーブランド「ベビーズオウン」が開発した、お腹から下が大きく開く肌着です。おむつ替えがしやすいため、人気があります。

ベビー肌着の種類

赤ちゃんの肌に直接触れるベビー肌着。赤ちゃんの体温調節機能は十分ではないので、お母さんが様子を見て重ね着をしたり、減らしたりして調節してあげることが大切です。ベビー肌着のご紹介をしていきますね。

川本産業のフライス肌着5点セット

オススメのベビー肌着ご紹介

新生児期は特に、どの季節でも短肌着を中心に組み合わせ、気温に合わせて重ね着していきます。

産着はあればあるほど助かるので、コストパフォーマンスの良い川本産業の産着はとても人気です。お手頃な上に生地が丈夫なので、お洗濯を繰り返しても安心です。サイズがちょっと大きめなので、その分長く使えます。

こちらも有名なミキハウスから、ベビー服ラインのミキハウスファーストです。敏感肌の赤ちゃんの肌のために、細部の縫製までこだわっており、耐久性が抜群で繰り返しお洗濯をしても安心です。抗菌・抗ウィルス加工がされたピュアベールは、お値段がはりますが、人気の商品です。

ミキハウスファースト 天使のはぐ

ベビー用品の総合メーカーとしてお馴染みの、コンビのベビー服ラインのブランドです。素材にこだわっており、着心地の良さだけでなく、着せやすさの生地の耐久性まで追求されています。お得なセールが定期的に行われ、無料でカタログを請求できるので、気になる方は公式ページをご覧になってみてください。
http://combimini.jp/shop/c/c10/

コンビミニのシンプル肌着スターターセット

セレクのばっちりフライス15点セット

フライスという通気性、吸収性、伸縮性に優れた素材を使用しているため、肌触りが抜群で、オールシーズンの使用が可能です。デザインがシンプルなので、男の子と女の子共通で使っていただけます。

スキップハウスのオーガニックコットン ベビー新生児 豪華5枚組 肌着セット

コストパフォーマンスが良く、肌触りが良いので人気です。デザインが可愛らしく、茶色のくまちゃん柄なので、男の子と女の子どちらにも使っていただけます。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ