2023.10.06 Fri 更新

イルカ

その頭にはエコーロケーションのための鯨嚢が含まれています。 イルカのエコーロケーションの原理はコウモリと同じで、片方の部分で音を出し、もう片方の部分でエコーを受け取ります。 音を出すとき、額は音波を平行線の束に集めて送り出します。 聞いているとき、顎の骨組織は散乱音波を顎の後ろの内耳に向かって集中させます。 イルカはエコーの強さに基づいて前方の障害物の距離や大きさを判断します

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ