2016.11.18 Fri 更新

妊娠中の結婚式。メリットとデメリットについてまとめました。

子供が生まれる前に、お腹が大きくなる前に結婚式を挙げようとするカップルは多くいらっしゃいます。 結婚式をあげるカップルの4人に1人が妊娠中だそうですよ。 どんな式場がいいのか、どんなドレスを選べばいいのかなど、普段とは違った悩みができますね。 今回は「妊娠中の結婚式」についてご紹介します!

夫婦の絆が深まる

夫婦2人で挙げる結婚式ですが、赤ちゃんと一緒に結婚式が挙げることができますよ。
妊娠中の忘れられない思い出になり、子供が大きくなってから思い出話ができますね。

お腹の赤ちゃんと一緒に結婚式を挙げられる

妊娠してからの結婚式は不安も多いかと思っていませんか?
そんな不安をキレイに解消するために、ここでは妊娠中の結婚式のメリットをご紹介します!
妊娠中の結婚式のメリットは以下の通りです。

妊娠中の結婚式のメリット

育児の大変さというのは実際に体験してみないと分からないものです。
出産前に想像していたよりも時間に追われた生活になり、自分のための時間が取れないという状態になる方も多く、結婚式どころではなくなってしまうようです。

子育てが大変になる前に挙式ができる

子供が生まれる前に夫婦2人だけの思い出が作ることができます。
貴重な2人だけの時間の中で、結婚式を挙げるということは、2人にとってかけがえのない思い出になります。

結婚式場によりますが、マタニティ用のプランを組んでいる所もあります。
そうした専用プランを選べば、お得に、最短で一か月の打ち合わせだけで済む等、妊娠中の身体を第一に考えているメリットがあります。
気になる式場があるようでしたら、HPで調べてみてくださいね。

マタニティプランがある

ドレス選びが大変

妊娠しているわけですから、デメリットになるところももちろんあります。
妊娠中の結婚式のデメリットは以下の通りです。

妊娠中の結婚式のデメリット

日々成長する赤ちゃんとともにお腹の大きさもどんどん変わっていきます。
お腹が大きくなるので、着たいドレスが着れなくなる…ということはよくあることです。
安定期以降のお腹は、急激に大きくなります。
どのくらい大きくなるかは、個人差があるので一概には言えませんが、持ち込みのドレスの場合、「結婚式間際でお腹が苦しい」「用意しておいたドレスが着られない」なんてことになってしまうかも…。
そのため、レンタルドレスを選ぶようにしてくださいね。
予定していたドレスが辛いということになっても、他のドレスを選ぶことができますよ。

体調管理が難しい

安定期に入ってからの挙式とはいえ、つわりが続く方もいれば、食べられるものが限られるので、体調の管理が大変難しいです。つわりが全くない人もいれば、出産直前まで続く人など、妊娠中の体調には個人差があります。
赤ちゃんの健康と自分の体調を第一に考えて挙式の時期を決めてくださいね。

準備期間がつわりにぶつかってしまうと大変

つわりがひどくて起き上がれないなんて方は少なくありません。
結婚式までには、通常、何度も打ち合わせに通わなければなりません。
ですが、妊娠中は体調も変わりやすいので頻繁に打ち合わせをするとなると、妊娠中の身体に大きな負担となってしまいます。
式場を決める際は、打ち合わせがトータルで何回くらいあるのか、予め調べておきましょう。

挙式時期によっては予約が取りづらい

つわりが全くない人もいれば、出産直前まで続く人など、妊娠中の体調には個人差があります。
一般的に結婚式に適している時期は、「つわりが落ち着いてくる安定期の妊娠5ヵ月〜7ヵ月の間」に挙式すると良いと言われています。
ですが、この妊娠5ヵ月〜7ヵ月が結婚式の人気シーズンに被っていると予約が取りづらく、挙式ができないなんてことも…

急な結婚式だと参列者が集まりにくい

赤ちゃんが生まれる前に挙げる訳ですから、時間に制限があります。
式が1〜2ヵ月後になるなんてことも珍しくありません。
遠方からの参列者の場合、飛行機や新幹線の予約が取りにくく、急な結婚式だと参列者が集まりにくいです。

妊婦さんのドレス選びは、挙式当日の体型を想定して選ぶことが重要です。
もしかしたら自分が思っていたよりお腹が大きくなっていて、ドレスが入らなくなっているのかもしれません。
お腹周りのサイズが日々変わる中でのドレス選びは難しいものですので、慎重に選ぶようにしてくださいね。
ドレス選びのポイントは以下の通りです。

ドレス選びのポイント

プリンセスライン

全体的にふわりとゴージャスなデザインです。イメージとしては、お姫様が着るようなドレスです。
ふわっとしたデザインなので見た目も美しいです。パニエで調節できるので、お腹のサイズの変化にも対応しやすいですよ。

Aライン

体型を隠すこともできる、ふわっとしたデザインです。
ウエストからスカート部分が広がっているデザインなので、お腹をしめることなく着ることができますよ。
体型カバーも上手にすることができます。

エンパイアライン

全体的に締め付けのないデザインです。お腹が目立ってきた方におススメなデザインのひとつです。
細身効果は期待できませんが、妊婦さんならではのシルエットを出すことができますよ。.

いかがでしたか?
妊娠中の身体で挙式すると言うことは、自分の体調に気を遣わなくてはなりません。
ですが、結婚式は一生に一度です。後悔のないようにしてくださいね。

ランキング

ページトップへ