2016.11.30 Wed 更新

妊娠中もドライブに行きたい!車で長時間出かける時の注意点など

妊娠中も今までと変わらず、二人でドライブに行きたいと思っている人は多いと思います。赤ちゃんが生まれるとバタバタしますし、なかなかそんな時間はとれません。でもお腹は日に日に大きくなっていくのに、ドライブなんて大丈夫?と思っている人もいると思います。そこで、ここでは妊娠中も長時間ドライブに行く時に注意点などについてまとめてみましたので、是非今後の参考にしてみてください!

長時間同じ体勢で振動などを受け続けていると、かなりの負担に感じてしまうかもしれません。
また、お尻や腰への負担もかかります。長時間座った姿勢でいると、普通の人でもエコノミー症候群のような症状が出てきますが、妊娠中はより症状が出やすくなりますので、注意が必要です。

1番考えられる影響としては、”お腹や腰の痛み”です。
車の揺れだけでなく、道路を走る振動や急ブレーキなどは、お腹や腰の痛みを引き起こしかねません。
妊娠中の体は、ただでさえ負担を感じやすいです。

結論から言うと、あまりよくありません。
妊娠中の長時間のドライブは、母体に様々な影響を与える可能性があります。

妊娠中のドライブの影響は?

長時間ドライブするための注意点

また、休憩をとった際に、トイレになるべく行くことも大切です。
尿意を催していなくても、一旦トイレに行くようにしましょう。
出来るだけ、体へのストレスを感じさせないようにしてくださいね。

上記でも書いたように、妊娠中は同じ姿勢でいることはかなりの負担になります。
ですので、こまめに休憩をとるようにしましょう。
こまめに休憩をとるだけで体への負担はかなり違ってきますよ。

こまめな休憩

長時間同じ体勢で車内にいると、やっぱり体には負担がかかります。
ですので、ゆったりとした服装がオススメです。
締め付けが少ない服装だと体への負担も軽減されると思いますので、ドライブに行かれる際はそこ辺も注意してみてください。
また、シートベルトがキツいという方は、最近では妊婦さん用のお腹を締め付けないシートベルトも販売されていますので、このようなシートベルトを使うことをオススメします。

ゆったりとした服装

腰にクッションを置く

お尻や腰への負担や影響が一番考えられますので、クッションを一つ持っていくだけで、全然違います。
特に腰にクッションを置くだけで、揺れで感じる痛みや振動を軽減させてくれる効果がありますので、オススメです。

また、クッションがあるお陰で座席に深く座らなくていいので、負担も少なくなりますよ。
クッションは、旅行先などでも使えますので、妊娠中はなるべく持ち歩くといいと思います。

万が一への準備

妊娠中は時期にもよりますが、いつ何が起きてもおあしくない状況の場合の方もいると思います。
ですので、なるべく普段から万が一の時の為の準備を行なっておきましょう。

準備する物としては、母子手帳のもちろん、気持ちが悪くなった時のためのタオルやビニール袋、万一の破水や出血時に使えるような大きめのナプキンやタオル、目的地周辺の産院の場所や連絡先なども調べておくと、かなり安心です。

そこまでしなくても、と思われる方もいるかもしれませんが、本当に妊娠中は何が起きるか分かりませんので、過剰なくらいの準備は大事なんです。
入念な準備を忘れずに!

まとめ

いかがだったでしょうか。
妊娠中は色んな事が考えられますし、心配もつきませんよね。
でも、だからといって家にずっといるのも退屈です。

気分転換に外に行きたくなる時だって当然あると思いますから、そんな時ドライブはうってつけです。
きちんと万が一への準備と注意点を意識しておけば、楽しいドライブになると思いますので、無理をしな程度で妊娠中も楽しみましょう!

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ