2017.03.23 Thu 更新

妊娠中はマグロを食べちゃいけないって本当?マグロを食べるときの注意点についてまとめました。

妊娠中はマグロを食べてはいけない!と口酸っぱく言われたことはありませんか? マグロの食べ過ぎは厚生労働省が注意喚起しているので、食べてはいけないものだと認識しがちですが、本当に食べてはいけないのでしょうか? 今回は「妊娠中にマグロが与える影響」についてご紹介します!

ですが、マグロをはじめとした一部の魚は、「メチル水銀」という有害物質が含まれています。
メチル水銀は成人であれば、毎日のように食べ続けるようなことがなければ、便や尿から排出され約70日で半減され、その後も徐々に減っていきます。
ですが、胎児にはその機能がないため、胎盤から胎児へと伝わり、蓄積されて赤ちゃんの発育に悪影響を与えることになると言われています。

魚にはタンパク質やDHA等の栄養素が豊富に含まれています。
もちろん、マグロにもたっぷり含まれているので、魚類は妊娠中でも積極的に摂取しておきたい食材です。

結論から言うと、妊娠中でもマグロは食べても問題はありません。
問題として認識されているものは「食べる量」です。

妊娠中はマグロを食べてはいけないの?

マグロはどれぐらい食べていいの?

マグロを食べるときの注意点

メチル水銀は食物連鎖によって蓄積量が増加していくため、マグロ等の食物連鎖の上のランクにいるような大きな魚に溜まりやすいとされています。
マグロは週1週間に、1食に食べる魚の平均量である約80g程度を食べるようにしましょう。
魚の種類によって含んでいるメチル水銀の量が変わってくるので、魚の種類と量に注意しながら食べるようにしてくださいね。

マグロをはじめとする魚には、赤ちゃんに良くない影響を与え、る食中毒や水銀等の危険性があります。
なので、マグロを食べるときの注意点をしっかりと把握しておき、守るようにしてくださいね。
マグロを食べるときの注意点は以下の通りです。

生で食べないようにする

魚は生で食べることで食中毒を引き起こす危険性があります。
そのため、基本的に「生」で食べないようにしましょう。
妊娠中は免疫力が下がっていることもあり、妊娠前は大して問題なかったことでもお腹の中の赤ちゃんに何か良くない影響を与えてしまうこともあるので、注意が必要になります。
どうしても生魚が食べたいときは、生姜やわさび等の殺菌作用のある薬味を一緒に食べるようにしてください。

また、夏場は食べ物が傷みやすく、食中毒が起こりやすい季節です。
妊娠中に食中毒になると、服用できる薬が限られてしまったり、下痢や嘔吐の症状が重度だとお腹の中の赤ちゃんの発育に何か良くない影響を与えてしまうことがあります。夏場に食べることを避けるといいかもしれませんね。

食べる量に気をつける

前述したように、メチル水銀が胎児に悪影響を与えてしまうのは摂取上限量を超えたときです。
マグロは、1週間に1回、1人前の量を食べる程度に留めておくようにしましょう。
1人前の量は、だいたい80g程度だとされています。
マグロは種類がいくつかあり、その種類によって含まれている水銀量も変わるので、自分が食べようとしているマグロの種類はちゃんと把握しておきたいですね。

いかがでしたか?
マグロが好きな人にとって、食べることを我慢するのはとても辛いことです。
ですが、それも少しの我慢です!赤ちゃんが無事に生まれたら大好きなマグロを食べることができるようになりますよ。
母子ともにかなり辛い思いを味合わなくていけなくなる状態を引き起こす原因になることも理解し、妊娠している少しの期間は我慢するようにしましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ