2017.07.15 Sat 更新

おりものが少ないけど大丈夫?何が原因なの?病気のサイン?

女性にとっておりものについて悩んでいる人は多くいるようです。 でも、なかなか人には相談しにくいし、何が正常なのかわからないという方も多いのではないでしょうか? 急におりものが少なくなった時には、何が原因なのでしょうか?病気や妊娠などの可能性もあるのでしょうか?まとめてご紹介いたしますので参考にしてみてください。

自浄作用

そもそもおりものてゃ、子宮内や子宮頸管、膣からの分泌液と膣壁から剥がれ落ちた細胞などが混ざりあったものです。
おりものは、主に次のような役割があります。

そもそもおりものの働きとは?

授精を助ける

酸性で粘り気のあるおりもので、外部から細菌などが侵入しないように防いでくれるだけでなく、侵入した細菌が膣内で繁殖するのを抑えてくれます。

排卵日が近くなると、頚管粘液の分泌量が増えて織物はアルカリ性になります。
この時のおりものは卵白のようなとろっとした状態になり、精子が子宮内に入りやすいように助けてくれる働きがあります。

生理周期で変化することもある

おりものがいつもより少ないと、何か異変がおきているのではないかと心配になりますよね。
しかし、女性の体の中ではエストロゲンやプロゲステロンのバランスが変化し、それに伴っておりものの色や状態、量も変化していきます。

卵胞期

生理後すぐの卵胞期には、おりものの量がもっとも少なくそこかからじょじょに量が増えていきます。
おりものの状態はサラサラしていて粘り気は少ないです。

排卵期

エストロゲンの分泌量が最も多くなる時期で、おりものの量も多くなります。
透明で水分を多く含んだ卵白のような状態のおりもので、指でつまむとよく伸びます。

黄体期

排卵が終わるとプロゲステロンの分泌量が増えていきます。
おりものの色は白く濁り、ベタベタとした状態になり量は少なくなります。

生理周期を考えておりものが少ないときもあるという程度であれば、心配しすぎる必要はありません。
しかし、色やニオイなど他の症状がある時には、何か病気の可能性もありますので産婦人科で相談するようにしてくださいね。

おりものが少ない原因は?

生理周期の変化によっておりものの量が変化する以外に、全体を通しておりものが少ない場合もあります。
これは、おりものの量を左右する頚管粘液の分泌量が少ないことが原因で、卵胞ホルモンであるエストロゲンがうまく分泌されていない可能性があります。
おりものの量が全体的に少ない状態だと、自浄作用が正常に働くなくなり、性感染症などのリスクが高くなります。

エストロゲンはストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足などによって分泌のバランスが崩れることがありますので、おりものの量が少ない時には一度自分の生活を見直してみましょう。

病気が原因のこともある?

病気の症状としておりものの量が少なくなることはあまりありませんが、精子がうまく子宮内に侵入できなくなるかのうせいがあり、不妊の原因につながることがあります。
頚管粘液が十分に分泌されていても、外に出てくるおりものの量が少ないこともありますので、妊娠w希望している時には産婦人科で相談をして確認してもらうと安心です。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ