2017.07.17 Mon 更新

暑い夏を乗り切ろう!妊娠中に夏を乗り切る方法

これから夏本番。今でも十分暑いですが、これからはさらに暑い日が続きます。そんな暑い夏、妊婦さんにとっては1番辛い時期かもしれません。特に妊娠後期の方は、みんなよりも何倍も暑く感じると思います。そこでここでは、妊娠中暑い夏を乗り越える為の過ごし方などについてまとめてみましたので、是非ご覧ください。

そんな時に注意してほしいのが、夏バテや熱中症です。猛暑日は、室内でも脱水症状や熱中症になる可能性があります。
室内にいる時も決して無理をせずに、クーラーや扇風機を使い、しっかり体温調整を行ないましょう。
我慢して夏バテし、母子共に影響が出てしまってはもとも子もありません。

赤ちゃんが大きくなってくると、普段より暑く感じます。
また、妊娠中は体温調整が上手くできないようなので、妊婦さんにとっては本当に厳しい夏になりそうです。
また、お腹が大きくなり動きづらくなりますので、妊娠後期は疲れが溜まりやすくなります。

本格的な厳しい夏到来!乗り切る方法

あせもに注意しましょう

クーラーのかけすぎを心配する人も多いと思いますが、直接風があたらないようにすれば問題ありませんので、無理して我慢だけはやめましょう。
また、夏場は汗をかきやすくなりますので、水分補給を怠らないようにしましょう。
最低でも1日2ℓを補給するようにしましょう。

妊娠中は普段汗をかかない人でも、かきやすくなります。
お腹や胸が張り、体のあちらこちらに、あせもができやすくなります。
この対策としては、体を締め付けない下着や服を選び、汗をかいてもサラサラするものをなるべく選ぶようにしましょう。
理想としては、下着が蒸れたらこまめに替えれると良いですね。

食欲が出ない時はどうする?

暑い日が続くと、妊婦さんに限らず食欲はなくなりがちです。
しかし、何も食べないのは赤ちゃんにとっても良くありませんので、必ず何かしら食べるようにしてください。
どうしても、暑くて料理をする気が起きないという時は、レンジで温めるだけの簡単な料理などで構いませんので必ず何かしら取り入れるようにしましょう。

猛暑日で眠れない

ただでさえ猛暑日で眠れない日もあると思いますが、妊娠中は先述したように体温調整が難しいので、今までよりも暑く感じると思います。
さらにお腹が大きい為、うまく眠れなかったり、トイレが近くて目が覚めてしまうことがあります。

また、寝ている時もクーラーをつけていると、朝起きた時体が気だるいのが嫌で、寝る直前に切る人もいますが、下手に我慢して寝ている時に脱水症状になったり寝付きが悪くなるよりは、タイマーに設定し、眠りやすい環境をつくるように意識しましょう。

外出する際の注意点

夏場の、しかも妊娠中の外出は、今まで以上に気をつけましょう。
なるべく、1番気温の高くなる昼間の外出は避けましょう。
今ままでと同じ感覚で外に出るのは危険です。自分が思っている以上に体は変化していますので、どうしても外出でなければ、朝夕の少し気温も下がってきた時間帯に外出するようにしてください。
もちろん水分補給は忘れずに。防止や日傘があると尚良いでしょう。

最後に

妊娠中は体温調整が上手くできませんので、夏バテや熱中症になりやすいです。
自分が思っている以上に妊娠中の体は変化していますので、今までと同じ感覚では危険です。
そこをしっかりと把握しましょう。
特に夏場は、本当に危ない状態になる場合もありますので、無理はしないようにしてください。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ