2017.08.23 Wed 更新

陣痛を促進する食べ物ってあるの?陣痛が始まってからのオススメの食べ物って?

臨月を迎えるといつ陣痛が来てもおかしくありません。 予定日が近づいてきたり過ぎたりすると、陣痛がくるといわれるジンクスなどを試してみる方も多いのではないでしょうか? 陣痛ジンクスの中には食べ物に関するものもありますが、本当に陣痛を促すことができる食べ物はあるのでしょうか? また、陣痛が始まったらどのような食べ物がオススメなのでしょうか?まとめてご紹介いたします。

食べ物で陣痛を促進できる?

その後、子宮が規則的に収縮することによって10分程度の周期で痛みを感じるようになるといわゆる「本陣痛」といわれる状態になります。
陣痛が起こってから出産までにかかる時間は個人差が大きいものですが、一般的に初産の場合には12〜15時間、経産婦でも4〜6時間程度かかるといわれています。

今までお腹の中で育ててきた胎児を外に押し出すために、子宮が収縮する時に感じる痛みを「陣痛」と言います。
多くの場合、痛みの感覚が不規則で直接的に分娩には繋がらない「前駆陣痛」から始まることが多いようです。

陣痛ってどんなのもの?

最近は出産に関してインターネットなどで色々といsラべている方も多いでしょう。
その中で「○○を食べたら陣痛が来た」という話を目にしたことはないでしょうか?
しかし、特定の食べ物を食べることで子宮収縮を起こすというような医学的な根拠はありません。

なので、陣痛を促すといわれている食べものも、たまたまそのタイミングで陣痛が起こったと考えるのが自然です。
でも、なぜこのような噂が生まれたのでしょうか?
代表的な物をいくつか見てみましょう。

焼肉

出産後柴原kはゆっくりと焼肉屋さんに行けないから、出産に向けて体力を付けるためなどの理由で、出産予定日前後に焼肉を食べる方がいます。
そのタイミングで陣痛が起こる方が多かったことからこのようなジンクスが生まれたのではないでしょうか?

「カレーに含まれている香辛料が身体を刺激することによって子宮収縮が起こる」ということから生まれたジンクスのようですが、香辛料などの刺激物が子宮収縮に影響するという根拠はありません。

カレー

オロナミンC

「カフェインを摂ることで興奮状態になることで陣痛が起こる」という噂から生まれたジンクスです。
オロナミンCにはカフェインを多く含んでいるので、特にこの話をよく聞くのではないでしょうか?
しかし、妊娠中はママも胎児もカフェインの影響wお受けやすい状態なので、飲む量には気をつけてください。
また、カフェインを摂ることによって子宮収縮に影響すると言った医学的な根拠はありません。

陣痛が始まったら何を食べればいい?

陣痛による規則的な痛みを感じるようになってから出産を終えるまで、個人差はありますが初産の場合には10時間以上かかることがあるのも珍しくありません。
なので、体力に余裕のある内に何か食べておいたほうが良いでしょう。

その際には少量でもカロリーの高い物を食べるのがおすすめです。
チョコレート・アメ・ゼリー状飲料などはさっと食べられてエネルギーを補給することができるのでおすすめです。

陣痛が進むごとに痛みも強くなって間隔も短くなってくるので、余裕のある内にしっかりと栄養を補給しておくようにしましょうね。

まとめ

出産予定日が近づいてくるといつ陣痛が起こるのか不安になることもあるでしょう。
早く陣痛を起こしたくてジンクスを試してみる方もいるかもしれませんが、特定の食べ物や飲み物だけでは栄養が偏ってしまいます。
赤ちゃんもママも元気に出産を迎えられるように、普段から栄養バランスの取れた食事を心がけてくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ