2017.09.09 Sat 更新

双子の出産祝い、何をあげると喜ばれる?喜ばれるプレゼント選び

出産祝いのプレゼントは何を贈るか悩みものですが、贈る相手が双子だった場合、何がいいのかさらに迷ってしまいますよね。また、お祝い金はどのくらいがいいのか、同じプレゼントでも2つ用意した方がいいのかなど、そんな双子に贈る出産祝いのポイントをご紹介します。

オムツ

双子のお祝いで喜ばれるもの

出産祝いの相場は贈る相手の立場や関係によって変わってきますが、友人なら3〜5千円、親戚なら1〜2万円ほどではないでしょうか。
生まれた赤ちゃんが1人ならこれで問題ないですが、双子ちゃんだった場合は2人分として相場の1.5倍〜2倍くらいを考えておきましょう。
お祝い金ではなく、プレゼントにする場合は、予算の設定も難しいですよね。
気軽に聞ける場合は、双子ちゃんのママに何が欲しいか聞いておくと良いでしょう。

双子のお祝いの相場ってどのくらい?

定番かと思いますが、やはり新生児はおむつの交換回数はかなり多い上、双子ちゃんだとさらに倍になります。
1週間で1パック消費することも。
産後のママはあまり買い物にもいけませんし、贈り物としてオムツケーキなどはとても重宝します。

また、オムツ交換の時に使うおしり拭きも同様にいくつあっても助かるものなので、セットでプレゼントするととても喜ばれます。
基本的に新生児の育児に必要な消耗品はいくらあっても助かると思うママは多いようです。

名前入りの服やスタイなど

肌着や洋服

双子なのでお揃いの服をプレゼントするのも良いでしょう。
この時、双子ちゃんの名前がそれぞれプリントされた服やスタイ、靴などは、外見が似ている場合は誰が見ても一目瞭然になるのでとても重宝されます。ペアで着れるものはとてもかわいく見えるのでおすすめです。

双子だと同じものを2つ揃えていくことになるので、どれがどっちの子ども用だったかと混乱することもしばしば。
そんな時に役に立つのが、名前スタンプです。
それぞれの子供の持ち物に名前を入れることができ、保育園や学校でも使えるので長く使ってもらえますよ。

お名前スタンプ

新生児は授乳後の吐き戻しや、オムツの漏れ、汗をかいたり、汚れてしまったり、一日何回も着替えることがあります。
その回数が2人同時と考えると一日の着替えの回数は大変なことになり、何枚あっても困りません。
また、お風呂から上がった時にフード付きのバスタオルがあると、1人をくるんで保温でき、もう1人をその間に拭いてあげることができるので大変重宝します。

面会に行く時の注意点

お祝いを持って行くのに、入院中の病院に行くこともあると思いますが、赤ちゃん1人の出産でも大変なのに、双子ちゃんとなるとそれ以上に体力的に消耗しているはずです。
そんな出産を無事に終えてもお世話に追われている上に次から次へと面会しに人がやってくると、ママとしては休まる暇がありません。
面会に行く時は事前に都合の良い時間帯や体調の回復具合を聞き、あまり長居せずに休ませてあげるように気遣いができるといいですね。

ランキング

ページトップへ