2017.09.15 Fri 更新

初めての靴を嫌がる赤ちゃんに靴を履いてもらうにはどうしたらいいの?

赤ちゃんも1歳を過ぎてくるとつたい歩きから自然に家の中を歩き回るようになってきます。そうなるとそろそろ外で歩かせたいと思いますよね。しかし、いざファーストシューズを買って靴を履かせようとすると嫌がってなかなか履いてくれない…という問題に悩まされるママやパパも多いようです。今回はそんなファーストシューズにまつわる対策を紹介します。

赤ちゃんが歩き出すと、ファーストシューズを探すママやパパは多いですよね。
せっかくのファーストシューズ、可愛いデザインのものも多いですし、思い出にもなるので慎重に選び出すとなかなか決まらないという話もよく聞きます。しかし、せっかく選んで買ったファーストシューズも、赤ちゃんが履いてくれなければ意味がありませんよね。
靴に慣れてきたころにはサイズアウトしてしまうなんてことも。

初めての靴

初めての靴は思い入れがあるのは理解できますが、あまり履かずに次の靴を買うことになるかもしれないということを念頭に置いておきましょう。
そして、靴を選ぶ際には、つま先に5mmほど余裕があるものを買うようにしましょう。
ショップの店員さんであれば、赤ちゃんの足のサイズを測ってくれるところもあるので、サイズが分からない場合は聞いてみましょう。

靴を嫌がる時の対処法

赤ちゃんにとって初めて靴を履くということは、かなり違和感があるようで慣れてもらうまでには時間がかかります。
お出かけしようと思って靴を履かせても泣いて嫌がることも。

まずは靴に慣れてもらうことが大切です。靴をいきなり履かせるのではなく、赤ちゃんの身近なところに置いて靴に触れたり遊んだりしている内に、靴に対する抵抗感をなくしてあげましょう。
お出かけする時にも、歩かせるのではなく、ベビーカーや車のチャイルドシートに座っているときなど、動かない時に靴を履かせて慣らしていくというのもいいでしょう。
また、お出かけの時でなく家の中にいるときに靴を履かせて歩く練習をするなら、家の外と違い嫌がらないかもしれませんよ。

靴を履いただけで嫌がる内は難しいかと思いますが、しばらく履いても大丈夫になったら「靴を履いたら公園に遊びにいける」など靴を履いたら楽しい場所に行けると思わせるようにしてみてはどうでしょうか。
ママと赤ちゃんとの外での時間が楽しく過ごせれば、どんどん靴に慣れていき、外にいくときは靴を履くと覚えてくれるようになりますよ。

もし、靴に慣れる気配が全然ない場合は、もしかしたら靴のサイズが合っていなかったり、靴が重く硬かったりするのが原因かもしれません。
ただでさえ抵抗感がある靴が硬いとさらに違和感を感じて嫌がっている可能性があります。
デザインやブランドにこだわるあまり、硬い靴を買ってしまっていないか見直してみましょう。

靴を履いて歩けるようになったら

靴に慣れていくうちに、自分の力で徐々に歩けるようになっていきます。
最初はバランスを崩しながらも1歩、3歩、10歩と進めるようになり、自由に外の世界を歩き出します。
赤ちゃんは外出先で自分の力で歩けるようになると、とにかく目に付いたものに向かってふらふらと歩いていってしまいます。
歩道に飛び出したり、危険なものに触らないように常に手をつないでおくか目を離さないように注意しましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ