2017.01.13 Fri 更新

マタニティフォト知っていますか?今話題のマタニティフォトについて

最近話題のマタニティフォトをご存知でしょうか?妊娠中の姿を写真におさめることで、赤ちゃんが生まれた時に一つの思い出に、また家族の中でも記念になると思います。今回はそんなマタニティフォトについて、色々と気になる点などをまとめてみましたので、いつか撮りたいとか今後撮る予定がある方など参考にしていただけますと幸いです。

みんなどこで撮ってるの?

ただ、安定期に入ってすぐくらいの時期だと、お腹がそんなに膨らんでいないので、せっかく撮影したのに分かりづらかったという人も多いようです。
逆に臨月にあまりにも近いと、何があるか分かりませんし、スタジオを予約していたのに陣痛で結局行けなかった、なんて人もいますので、妊娠7〜9ヶ月頃に無理なく外出できる時期がベストだと思います。

マタニティフォトを撮ろうと思っても、どれくらいの時期が1番最適なのでしょうか?1番気になるとこだと思います。
まずは大前提として、安定期に入っているということが大事です。
ですので、撮影期間としましては、安定期〜臨月の前までが最適な時期でしょう。

マタニティフォトを撮るのに最適な時期

マタニティフォトを撮るといっても、どこでも撮れる訳じゃありませんよね。
一般的は、スタジオでの撮影が一番多いと思います。
今はマタニティフォト専門のお店もありますし、子供向けの写真スタジオでも、マタニティフォトのサービスを行なっているところもありますよ。

撮影時の衣装について

スタジオで撮影する場合は、衣装が用意されていたり、カラー・モノクロを選べたりします。
スタジオによって色々と違いますので、スタジオでの撮影希望の方は早めに調べて自分に合ったスタジオを見つけてくださいね。

もしご自身でカメラをお持ちの方は、自宅で撮影したり写真好きの知人に頼む方もいるみたいです。
本当はその方が色んな写真も撮りやすく、料金的なことを考えた時にも良いですよね。

撮影時のポイント

上記にも書いたように、スタジオだと衣装が用意されている場合が多いです。
バリエーションも多く、ドレススタイルやサッシュベルト、ハワイアンリゾートスタイル等、様々です。
マタニティフォトは腹部を露出しますので、ちょっと抵抗があるという人は、クロシェのような透け感のあるレース素材の衣装で撮影するという方法もありますよ。
もしスタジオは気に入っているのに、用意されている衣装に気に入ったものがなかった、なんて場合は通販で自分好みの衣装を購入して持ち込むのもアリでしょう。

マタニティフォトに1番大事なのは、お腹の膨らみや妊娠によって変化した体のラインを撮影するということなので、お腹をしっかりと見せるようにしましょう。
なかなか恥ずかしい人もいるとは思いますが、リラックスしてしっかりとお腹を見せるように撮影しましょう。
モノクロで写真を残したい場合は、できるだけ肌を露出して撮影するのがオススメです。
実際に撮影を行なうとなった時に、どんなポーズで撮るかなど悩んでしまう人が多いと思いますので、事前にイメージを膨らませておくことで、スムーズに撮影が行えるでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか。
マタニティフォトは妊娠中しか撮れない貴重な写真です。
少しでも興味がある方は、是非一度挑戦してみてはどうでしょうか。

家族の記念になりますし、赤ちゃんが成長した時に見るとまた、色々と感じてくれることがあるのではないでしょうか。
実際に赤ちゃんが生まれてくると、子育てに慌ただしくなり毎日バタバタであっという間に時間が過ぎてしまいます。
ふとした時にマタニティフォトを見ると、落ち着いた気持ちになれると思いますので、オススメです。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ