2017.05.31 Wed 更新

赤ちゃんにも生理が来るの!?新生児月経って何?対処法は?

女性は身体が妊娠に向けて身体が成熟すると「月経」が起こります。 しかし、生まれたばかりん赤ちゃんにも生理のような現象が起こることがあるのです。 これは心配しすぎないでも良いのですが、出血があるとママとしては心配になりますよね。 そこで、今回は新生児月経の原因や症状についてご紹介いたしますので、参考にしてみて下さい。

しかし、出産後へその緒を切ると、ママから女性ホルモンを受け取らなくなるのでその影響がなくなり、赤ちゃんの血液に含まれる女性ホルモンの量が急激に減少します。
そうなると、子宮内膜が剥がれて消退出血が起こります。
その仕組みは生理と同じです。

赤ちゃんはおなかの中にいる間、へその緒を通じてママから栄養を受け取っています。
その時に、ママから「エストロゲン」や「プロゲステロン」などの女性ホルモンが赤ちゃんの体内に多く入ると、その作用で赤ちゃんの子宮内膜が厚くなることがあります。

新生児月経はなぜ起こるの?

生後3〜5日くらいの女の子の新生児の正規から、少量の出血が起こる現象を「新生児月経」といいます。
この現象は全ての子に起こるわけではありません。
また、生理のようにしばらく出血が続くわけではなく、うんちの時にいきんだはずみに出血することもあります。

新生児月経って!?

どんな症状が起こるの?

ずっと出血が続いたり、貧血になるほど大量の出血が起こることはなく、生理痛やPMSなどの症状も起こりません。
なので特別な処置は必要ありませんし、基本的には病院などを受診する必要もありません。

新生児月経は通常の生理と同じように、3〜7日間ほどで自然に治まります。
量は少なく、オムツにちょっとつく程度です。
女性ホルモンの影響は新生児月経だけでなく、おりものが出ることもありますが、これもごく少量です。

何か対処は必要?

この様な症状が見られたら、早めに小児科を受診するようにしましょう。
その際、出血や便がついたオムツを持っていくと、正確な診断につながることもあります。

・出血量が多い
・1週間以上出血が続く
・出血時に激しく泣く
・出血児に機嫌が悪い
・便に血が混じる
・黒っぽい便が出る

新生児月経によって出血があっても、オムツに少量つくくらいでは心配はいりません。
しかし、次のような症状がある時には別の病気の可能性もありますので、早めに小児科を受診するようにしましょう。

「魔乳」が見られることもある

ママから受け取った女性ホルモンによる影響は、新生児月経だけではありません。
新生児の乳首から、母乳のような白い液体や半透明の液体が出ることがあります。
これは男女関係なく新生児にみられることがある現象です。

これは「魔乳」と呼ばれるものです。
なんだか怖い名前ですが、昔のヨーロッパで「魔女が薬を作るために搾りに来る」と言われていたことにちなんでいるそうです。

魔乳も新生児月経と同じで、1週間程度で治まることがほとんどです。
無理に絞ったり処置したりする必要はありませんので、しばらく様子を見てあげて下さい。

まとめ

生まれてすぐの赤ちゃんから出血があったり、母乳のようなものが出たりすると、何か悪い病気なのではないかと心配になりますよね。
でも、その正体はママの身体から受け取った女性ホルモンが働いているからなんです。
赤ちゃんが機嫌よく元気に過ごしていれば、特に問題はありませんので、落ち着いてしばらく様子を見てあげましょう。

ランキング

ページトップへ