2017.06.08 Thu 更新

犬は子供の教育に良い?愛犬とペアルックが教育に良い影響?

愛犬と子供の仲良しは教育に良い点♡

1.体が強くなること

小さい頃から犬と触れ合う事で、免疫力が上がる効果があると言われています。
ある研究において、犬と暮らしている赤ちゃんは風邪をひく割合が低いという報告もある位です。
また犬を20分程なでていると、血圧が10%近く下がるという研究結果も出ています。
更には、犬を飼っていると心臓発作を起こす確率が約40%も減ると言うのです。
この様な研究結果からも分かる様に、犬と共に暮らす事で体が強くなると言えるのです。
しかし衛生面等に気を付けていないと、アレルギー等の体に悪い影響も出てしまうので注意が必要です。

またアニマルセラピーと言う言葉がある様に、動物は人間の体を癒してくれる事もあるのです。
がん等の身体的な病気から精神疾患まで、犬には人を癒すパワーがあるのです。


【出典:bodyjack.jp/sukusuku】

2.心が強く優しくなること

なかなか自分の感情をコントロールできない子供も、犬をなでていると落ち着く事があります。
これは大人でも同じ事が言えますが、犬をなでていると心が安定して癒される効果があるのです。
また言葉の通じない犬と一緒に遊んだり気持ちを推測したりする事で、子どもの感受性も豊かに育っていきます。
言葉が通じないからこそ、犬の行動や表情を見て相手の気持ちを汲む事が出来る様になるのです。
これは犬だけではなく、人に対する思いやりの心を身に付ける事にも繋がります。
【出典:bodyjack.jp/sukusuku】

3.責任感が育つこと

犬は、しっかりとお世話をしてあげなければなりません。
子供は、親が犬のお世話をしているところをしっかりと見ています。
そして、いずれ自分でもお世話をする様になっていく事でしょう。
自分でお世話が出来る年齢になると、どんなに面倒くさくてもどんなにゲームで遊びたくても、犬のお世話はしなくてはなりません。
そうやって犬のお世話をしていく事で、子どもの責任感を育てる事が出来ます。
【出典:bodyjack.jp/sukusuku】

4.命の尊さが分かること

犬に赤ちゃんが産まれると、命が産まれる奇跡に直面して命の尊さを学ぶ事ができます。
病院での出産が主流の現在、子供が命の産まれる場面を見る事はなかなか出来ません。
犬の出産であっても、命の誕生に立ち会う事は子供に大きな影響を与えるのです。

また犬は、そのほとんどが飼い主に看取られます。
どんなに大切にお世話をしていても、いつかその日は来てしまうのです。
今までずっと一緒に暮らしてきた犬が死んでしまう事は、子どもにも大人にも大きなショックを与えます。
しかし犬の死は「命には限りがある」という現実を、教えてくれる事になるのです。
そして命がどれだけ尊いものかを、本当の意味で理解する事が出来るのです。
【出典:bodyjack.jp/sukusuku】

愛犬とのよく癒されるペアルック大集合♡




出典 : http://www.cozaka.com/goods/off-white-dog-t-shirt-168.html




出典 : http://www.cozaka.com/goods/supreme-t-shirt-118.html




出典 : http://www.cozaka.com/goods/purpose-tour-t-shirt-170.html




出典 : http://cozaka.hatenablog.com/entry/supreme-dog-wear




出典 : https://www.pinterest.com/pin/705446729101839028/




出典 : http://cozaka.hatenablog.com/entry/supreme-dog-wear




出典 : http://weheartit.com/entry/287245017/via/cozaka




出典 : http://wear.jp/cozaka/10152583/

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ