2017.08.20 Sun 更新

マタニティーマークにもバリエーションがある!配布されている場所などについてまとめました

妊娠中のお母さんが妊娠していることを周りに知らせるためのマタニティーマーク。 駅などでバックについているのをふと見かけることもありますよね。 本日はマタニティーマークについてまとめました。

マタニティマークはどこでもらえる?

妊娠中というのは、つわりやお腹のハリで体調が優れなかったり、タバコの受動喫煙など周りが気付いて配慮してあげる必要がある場面も出てきます。」ですが、妊娠初期など、外見では妊娠していることがわからない場合もあり、妊婦さんも毎回わざわざ伝えて回るわけにもいきません。
そんな時にさりげなくバックなどにつけておいて、気付いてもらいやすくするためのマークがマタニティーマークです。

マタニティーマークというのは周りに自分が妊娠していることをわかってもらい、また、配慮をしてもらいやすくするためのマークです。

マタニティーマークとは

まずはじめにマタニティマークは、母子手帳と共にマタニティーマークが配布される場合が多いです。
しかし、これは自治体によりますので、必ずしももらえるとは限りません。
その他で、手に入れられる場所としては以下のようなところで、手に入れられます。

鉄道会社の窓口

電車には優先席を配置していることもあり、窓口に行くと、妊婦さんにマタニティーマークをくれます。
こちらは無料ですので、通勤などで使われる方はもらいやすいですね。

サイズは手のひらサイズで、ポールテェーンがついたシンプルなものなので、あまり目立つものはいやだなという妊婦さんにはおすすめです!

「妊娠がわかったら最初に読む本」といった名目販売されているだけあって、この雑誌の付録としてマタニティーマークが付いています。
多くの方が妊娠がわかってすぐに購入しているみたいですね。
デザインはその時々で少しずつ変わるため様々で、その時期しか手に入れられない場合も多いです。
ただ、デザインの変更には、妊婦さんたちの声が反映されているそうですよ!

「初めてのたまごクラブ」の付録

BABY in ME

「BABY in ME」という言葉自体は造語だそうです。
ですが、このマークは外国の方にもなんとなく伝わるため、海外旅行の際にはいいかもしれませんね。
「BABY in ME」はグッズとしてさまさまなものが販売されています。
キーホルダーやミニトートなどがあります。

1999年にフリーライター村松純子さんが発表したのが「BABY in ME」

妊娠中に飛行機に乗る際に。

航空会社では搭乗する妊婦さんにマタニティマークを配布してくれます。
これは、優先搭乗の際、わかりやすいようにということもありますが、その他にも、飛行中も声をかけてくれたり、色々配慮をしてくれます。
配布場所は様々です。チケットカウンターなどで相談してみると良いでしょう。

逆にマタニティマークを付けるのは危険だとも言われる場合もあるようです。

妊婦さんが優先されるのが気に入らない人もおり危害を加えられるなど、妊婦であることを知らせるリスクというがあることも確かです。
心配ならつけておいてバックの内側もしくはポケットに入れるなど、必要な時だけ取り出すようにすると良いでしょう。
すべての人がそう思っているわけではなく、ほんの一部です。
大半の人は配慮してくれますので、気にしすぎなくても大丈夫です。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ