2017.08.21 Mon 更新

ベビーソープはいつまで使うもの?大人用に切り替えるタイミングは?

赤ちゃんが産まれてから身体や髪を洗う時はベビーソープを使っている家庭が大半だと思いますが、いつまでベビー用を使うか切り替えのタイミングに悩むママやパパもいるでしょう。今回はベビーソープそのものについて、また使用時期や切り替えのタイミングについて紹介します。

ベビーソープはいつまで使うもの?

逆にベビーソープは、一般的なボディソープよりも肌に優しい、化学成分に配慮していて殺菌成分など余計な添加物が入っていない上、肌に優しい保湿成分を配合しているものもあります。
新生児の赤ちゃんは、ホルモンの関係で皮脂分泌量が盛んで、毛穴に詰まった皮脂や汚れを放置すると、ニキビや脂漏性湿疹などの乳児湿疹が出てくることもあり、1日に1回はお風呂で洗ってあげる必要があります。

これらの成分は、赤ちゃんや小さな子どもには刺激が強すぎる場合が多く、きちんと洗い流さないと肌に悪い成分が残ったり、反対に赤ちゃんに必要な成分まで洗い流してしまったりしてしまいます。
そうなると、赤ちゃんの肌に炎症やアトピー症状などが出てくることもあります。
もちろん、大人用でも低刺激なものもあり、そういったものであれば赤ちゃんにも使えます。

そもそもベビーソープと大人が使うボディソープの違いはなんでしょうか?それは配合されている成分の違いです。
大人が使うボディソープには、色々な成分が配合されていて、泡が立つ成分、汚れを綺麗に落としてくれる成分、殺菌成分など様々です。

ベビーソープと大人用ボディソープの違い

ベビーソープには「いつまで」という使用時期における明確な決まりはありません。
赤ちゃんにも使えるほどのやさしい成分なので、赤ちゃんでなくても、子供や敏感肌の大人の人が使っても問題はないのです。

ただし、ベビーソープは洗浄力がやさしく、保湿力を高めている商品が多いので、脂性肌の大人や遊び盛りで汚れがちな子供たちのボディソープとしては物足りなく感じる可能性があります。

ベビーソープから大人用に切り替えるタイミング

一般的には、1~2歳頃にベビーソープを卒業し、子供用や大人と同じシャンプー・ボディソープに切り替える家庭が多いようです。
中には、ベビーソープを1本使い切ったら早めに大人用に切り替えてしまう家庭や、3歳頃までベビーソープを使い続けている家庭もあり、何が正解・不正解という訳ではありません。
1~2歳を目安にして、赤ちゃんの肌に湿疹やかゆみが起きないようであれば、徐々に大人と同じものに切り替えていってもよいかもしれませんね。

結局のところ、ベビーソープをいつまで使うかという問題に対しては、年齢や月齢で決めるよりも赤ちゃんの成長は肌質に応じて決めていった方が良いでしょう。大人でも敏感肌の人やそうでない人がいるように赤ちゃんにも個人差があるので、肌が弱い赤ちゃんが無理にベビーソープを卒業する必要もありません。
大人用のソープを使って、肌が荒れるなどの異常が出たら使用するのを止めてベビーソープをもうしばらく使い続けましょう。
また、お風呂上がりにはベビーローションやクリームなどでの保湿ケアも忘れないようにしましょう。

まとめ

ランキング

ページトップへ