2017.08.22 Tue 更新

生理中にマッサージを受けても大丈夫?生理痛に効果があるの?

生理が始まると生理痛や体調不良に悩まされる方も多いですよね。 腰痛やダルさを解消するためにマッサージを受けたいと考える方もいるかと思いますが、そもそも生理中にマッサージを受けても良いのでしょうか? そこで、ここでは生理中にマッサージを受けてもいいのかや受ける時の注意点などについてご紹介いたします。

生理中にどのような症状が出るのかには個人差が大きく、腹痛・腰痛・頭痛・吐き気などと言った症状が現れます。
血行が悪くなることによる代謝の低下で、便秘・下痢・頭痛・むくみなどの症状が出ることもあります。

妊娠せずに不要になった子宮内膜が剥がれ落ち、体外に排出する期間が生理期間です。
生理中には子宮が収縮して血液が子宮周辺に集まるので、全身の血行が悪くなって末端にまで血液が届かなくなり、生理中や体調不良が起こることがあります。
元々冷え性の方は、特に症状が強く出やすくなるようです。

生理中の身体の状態

生理痛はなぜ起こる?

厚くなった子宮内膜も、受精卵が着床しなければ1ヶ月に1回程度の周期で剥がれ落ちます。
その時に子宮内膜から「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。
このプロスタグランジンはホルモンに似た働きをして、痛みを感じやすくさせたり血管を収縮させたりする働きがあります。

子宮は筋肉でできており、身体が冷えていると収縮しにくくなるのでプロスタグランジンが過剰分泌されるようになります。
つまり、子宮の収縮が起きにくい人ほど痛みを感じさせやすくするプロスタグランジンが分泌される量が多くなり、生理痛が重くなりやすいのです。

生理中にマッサージを受けても大丈夫?

しかし、生理中には子宮内の不要なものを軽絵kつといて排出するために骨盤や靭帯がゆるんでおり、強い力でマッサーいjを受けると身体に歪みが起こることがあると言われています。
また、普段よりも肌が敏感な状態になっているので、オイルやクリームを使用したマッサージでは肌荒れを起こすこともあるので、生理中にはマッサージを受けないほうがいいと言われることもあります。

生理痛が身体が冷えることによって血行が悪くなるのが原因で起こっているのだとしたら、血行を良くして身体を温めてくれるマッサージを受けると楽になるのではないかと感じますよね。
生理中の肩こりやむくみなどの症状は、代謝の定価が原因で起こるので、症状を緩和させるためにマッサージで血流を改善させるのは良いでしょう。

そもそも生理中の施術を受け付けてくれないお店もありますし、生理中の体調にも個人差が大きいので、必ず事前にお見せに相談してからマサージを受けるようにしましょう。

避けた方がいいマッサージって?

生理中に施術を受けた方がいいマッサージに特に決まりはありませんが、注意が必要なものもあります。

リンパマッサージなどは血行がよくなり過ぎることによって、生理の出血量が増えることがあります。
また、生理中は肌が敏感なので、肌荒れを改善するために受けたエステなどによって、余計に肌荒れしてしまうこともあります。

自分で判断できないような時には、自分の体調を見ながらお店と相談して決めるようにしましょう。

まとめ

生理中の痛みや不快症状を解消させるためにマッサージを受けたいと考えるでしょうが、受ける施術によっては余計に身体に負担をかけてしまうこともあります。
生理中はもともと血行が悪くなり代謝が落ちているので、静かに身体を休めたほうが良いと言われています。

自分の体調や身体の様子を見ながら、施術を受けるかどうかやどんな種類のマッサージを受けるのかを判断しましょう。
まずは身体を温めたり、自分で痛みや不快症状を改善できるようにしてみるのも良いでしょう。

ランキング

ページトップへ