2016.04.11 Mon 更新

癒着胎盤の合併症って?妊娠中のこの病気の原因と症状、治療法について

「癒着胎盤」はご存知でしょうか? この「癒着胎盤」は出産時に発生する合併症の1つです。 初産の妊婦さんは知らないという方が多いようです。 今回は「癒着胎盤の合併症って?妊娠中のこの病気の原因と症状、治療法について」をご紹介します。 癒着胎盤は大量出血を起こし、出血性ショックを引き起こします。 最悪の場合、死に至ることも! そんな危険な「癒着胎盤」についてちゃんと知っておきましょう。

癒着胎盤は、前置胎盤による合併症で起こることが多いと言われています。
ですので、前置胎盤の場合、分娩の前にMRIや超音波等で、癒着胎盤であるかどうか検査することがあるのですが、この検査では確実な診断は出来ないとも言われています。

癒着胎盤であるかどうかは、ほとんどが分娩の時でないとわからないのです。
分娩の時、赤ちゃんがお腹から出てきてから、30分以上経っても胎盤が出てこない時は癒着胎盤の疑いがあります。
癒着胎盤は、大量出血による出血性ショック等を引き起こす恐れがあります。
最悪の場合、子宮摘出や死に至るケースも…。

「癒着胎盤」とは、胎盤が子宮筋層に強くくっついてしまい、スムーズに子宮から剥がれないことです。
通常のものでは、胎盤は分娩のときに、その役目を終えて子宮から剥がれ落ちるものです。

癒着胎盤とは?

前置胎盤

前置胎盤は3つに種類が分けられます。
「全前置胎盤」と「部分前置胎盤」と「辺縁前置胎盤」です。

前置胎盤の種類

「前置胎盤」は、胎盤が正常よりも低い位置にあり、子宮の出口(子宮口)を塞いでしまう状態のことです。
胎盤は通常、子宮の頂点に近い部分(天井・上側)に貼り付いています。
前置胎盤は下側の子宮口付近に胎盤がある状態なのです。
子宮口は出産時に赤ちゃんの大切な産道の入り口です。
その産道が胎盤で塞がれると大変危険な状態なのです。

全前置胎盤

部分前置胎盤

胎盤が子宮口のほぼ全体を塞いでいる状態のもののことをいいます。

胎盤が子宮口の大半が塞がれている状態のもののことをいいます。

辺縁前置胎盤

子宮口の一部に胎盤がかかっている状態のもののことをいいます。

子宮口は胎盤で塞がれると大変危険な状態になります。
「前置胎盤」と診断されると種類に関係なく、帝王切開での出産になります。

癒着胎盤の原因

妊娠すると、子宮の内部に「脱落膜」という膜が作られます。
この膜は、分娩が終わると子宮から剥がれ、体外に出て行きます。
この特殊な膜のおかげで胎盤が剥がれやすくなるのです。

しかし、前置胎盤ではそうはいきません。
前置胎盤が原因で、膜が形成されていなかったり不十分だったりします。
そうすると、癒着胎盤の可能性が高くなります。

また、前置胎盤以外にも癒着胎盤になる可能性のある原因があります。
それは、先天的に「子宮内膜の形成」が不十分になっている場合です。
この子宮内膜には、脱落膜が含まれています。
「子宮内膜の形成が不十分」ということは、脱落膜の形成も不十分であるという可能性が高いのです。
「先天性」という点では子宮の奇形も原因にあります。

子宮内膜の損傷や炎症も原因の1つになります。
子宮内膜炎、人工中絶、手術瘢痕等によって引き起こされます。

予防法は?

治療法は?

残念ながら妊娠中に癒着胎盤を予測する事ができず、分娩をしないとわからないので、予防法はありません。

分娩後、胎盤がスムーズに剥がれ落ちてこない癒着胎盤の疑いがある場合でも、しばらく待ちます。
そうすることにより、自然に胎盤が流れ出てくることもあります。
待っても、胎盤が出てこない、胎盤が出てくるまでに長時間かかる場合は、胎盤用手剥離という方法が行われます。

胎盤用手剥離とは

「胎盤用手剥離」とは、お医者さんが直接、手で胎盤を取り出す方法です。
この治療を行う際、ママには静脈麻酔か全身麻酔を投与され、お医者さんが片方の手を子宮内に挿入して、もう片方の手でお腹を圧迫します。
子宮内に挿入した手で直接、子宮から胎盤を剥がして取り出すという治療です。

それでも、胎盤がうまく取り出せない場合は、多量出血や感染症の危険が出てくきますので、子宮摘出術へ移行することになります。
ママの安全の為、母体の様子を見ながらその場に適した治療を施してくれます。

癒着胎盤は、予診も予防も出来ないものです。
出産の時に初めて気づく症状です。
しかし、症状が出ることは、極まれなことです。
原因となる要因に当てはまっていたとしも、必要以上に不安がることはありません!
癒着胎盤は、母体に危険が生じることがあるので、無視することはできません。
ですが、あまり考え込まずにしましょう。
妊婦さんにはストレスが一番の大敵です。
穏やかに過ごしてくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ