2017.09.05 Tue 更新

望まない妊娠を避けるために。避妊方法を知っておきましょう。

何歳くらいに子どもをもうけよう、次の子は何歳差で欲しいななど、自分たちの年齢や子どもの年齢に合わせて家族計画をしている過程は多いですよね。 その計画に合わせて薦めていくためには、望まないタイミングで妊娠しないように「避妊」を行う必要があります。 そこで、ここでは避妊方法の種類についてご紹介いたします。

避妊方法について

正しい知識を持って避妊を行わないと意味がありません。
例えば膣外射精などは妊娠につながることが多いのです。

妊娠したからといって必ずしも産むことができるわけではありません。
金銭的な問題や、パートナーに産むことを反対されることもあり、悲しい思いをすることもあります。
そういった自体を防ぐためにも、望まないタイミングでの妊娠を避けるために避妊を行いましょう。

避妊の必要性

避妊の方法に関してはいくつかの種類があります。
自分にあった方法で正しく避妊を行うようにしましょう。

コンドーム

もっとも一般的な避妊方法です。
価格も安く簡単にできる避妊方法ですが、失敗することも多く妊娠率は15%ほどあるそうです。

【デメリット】
破れたり正しく装着できていなかったりすると失敗することがあります。
また、男性が面倒臭がって津kてくれないこともあります。

【メリット】
手軽に避妊することができます。
副作用もなく性感染症の予防にもつながります。

【メリット】
基礎体温などから排卵日を調べるだけなので、副作用もなく費用もかかりません。

基礎体温を図ることで排卵のタイミングを予測し、排卵日を避けて性交することで卵子と精子が出会わないようにする避妊方法です。

基礎体温

【デメリット】
排卵日を確実に予測するのは難しいので失敗率は高くなります。
基礎体温を毎日正しく計測し記録する必要があります。

ピル

女性がホルモン剤を継続して飲むことで避妊する方法です。
排卵をおさえる・精子が子宮に入りにくくなる・子宮に受精卵が着床しにくくなるという3つの効果があり、避妊効果は高いです。

【メリット】
正しく服用している場合、妊娠率は0.3%ととても低く、高い避妊効果を得られます。
月経のサイクルを逝ってに保つことで、月経困難症の緩和にもなります。

【デメリット】
毎日決まった時間に服用する必要があり、飲み忘れてしまうと次の月経が来るrまでは他の避妊方法に切り替える必要があります。
吐き気などの副作用が起こることもありますし、費用も月3,000円程度かかります。

IUD(子宮内避妊用具)

子宮内に器具を入れ、精子と卵子が出会うのを防ぐことで避妊を行う方法です。
もし受精したとしても、受精卵が子宮内膜に着床するのを防いでくれます、。

【メリット】
一度装着するとその効果は数年間継続します。
装着自体も痛みはほとんどなく、処置も10分程度で終わります。

【デメリット】
IDUが出てきたりずれてしまったりすることがあるので、位置を確認するために定期的に検診を受ける必要があります。
病院によって異なりますが器具挿入時には3〜6万円程度の費用がかかります。

卵管結紮術(らんかんけっさつじゅつ)

女性が行う避妊手術で、卵管を縛ることで精子と出会わないようにします。
縛る以外に卵管を切る、レーザーで焼くなどの処置の方法があり、これは病院によって異なります。
開腹手術と膣内から行う手術とあり、どちらも入院が必要です。
帝王切開の手術時に一緒に行うことも出来ます。

【メリット】
卵管を切って切り口をレーザーで焼く場合などは、確実な避妊方法になります。

【デメリット】
処置の後に再び妊娠を望んだ場合でも、もとに戻すことは出来ません。
手術を行う必要があるので入院しなくてはいけません。

精管結紮術(せいかんけっさつじゅつ)

男性が行う品手術でいわゆる「パイプカット」です。
精巣と精嚢の間の道を切断したり縛ったりすることで精液中に精子が含まれないようにします。
手術によって男性が勃起不全になったり絶頂感が失われる事はありません。

【メリット】
ほぼ確実な避妊を行うことが出来ます。
卵管結紮術と違い、処置は短時間で終わり日帰りで手術を受けることが出来ます。

【デメリット】
一旦手術を受けると元に戻す事はほぼ不可能です。
ごくまれに精通が再開してしまうことがあります。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ