2017.09.10 Sun 更新

妊婦は飛行機にのっても大丈夫?妊娠中の搭乗に関するまとめ

妊娠中って飛行機に乗っても大丈夫なのでしょうか?体調の兼ね合いもありますし、色々と不安要素も多いので、できれば乗りたくないかもしれません。乗らなくて済むのであれば、乗らない方が良いのですが、例えば里帰りだったり、妊娠前から計画していた旅行とかの場合は、乗らない訳にはいきませんよね。そこでここでは、妊娠中に飛行機に乗っていいのかどうかをまとめてみましたので、ご覧下さい。

これは、自分の体調がまずは1番優先事項にはなるのですが、一般的には母子共に問題ない状態であれば、妊娠5〜7ヶ月(妊娠16週〜27週)の安定期と呼ばれる間なら比較的に搭乗できます。
里帰り出産や新婚旅行などで搭乗しなければいけない場合は、なるべくこの期間内が望ましいです。
しかし、なかなかこればっかりは自分で調整できるものではないので、もしそれ以外に期間の場合は、旅行は断念するなど他の手段、方法を考えた方がよいでしょう。

いつまで飛行機に乗っていいの?

基本的には、搭乗しても大丈夫、母子共に特に大きな問題はないとされています。
しかし、フライト時間によっては長い間座席に座っておかなければいけませんので、母体にそれなりに負担がかかってしまいます。
ですので、飛行機に乗る前に一度医師に相談し、現状の体の把握と搭乗しても大丈夫なのか、しっかりと確認しておきましょう。

飛行機に乗っても大丈夫?

国内線の場合

出産予定日を含め8日以上28日以内の搭乗の場合は診断書の提出が必要
出産予定日を含め7日以内の搭乗の場合は診断書の提出と医師の同伴が必要

その他にも詳しい規定や受けられるサービスなどが各航空会社によって違いますので、事前にチェックしておきましょう。

妊娠中に飛行機に乗るリスク

冒頭でも書いたように、母子共に問題がなければ飛行機に乗っても大丈夫です。
しかし、長時間同じ姿勢ですし、エコノミー症候群のリスクも高まりますので、着座している間もつま先を伸ばしたり、足首を回したりなど少しでも運動をするようにしましょう。

水分をこまめにとることも心がけてください。
つわりがひどい場合は出来れば搭乗は避けた方が良いです。
トイレに行っても空いてなかったり、ゆっくりできるスペースがないので、体調が急変した時に自分がキツいと思います。

では最後に、飛行機に搭乗する際の注意点についてまとめてみましたので、ご覧ください。
事前のしっかりとした準備や心がけで快適に過ごせるようになりますので、よくチェックしておきましょう。

搭乗する際の注意点

予約する席を工夫する

機内は狭く長時間同じ態勢ですので、なるべくゆったりとした服装を心がけましょう。
身体を締めつけるような服装は血行の流れを妨げる原因にもなります。
特にお腹周りがゆったりとした服装をオススメします。

気軽にトイレに行けるように通路側を予約することをオススメします。
特に妊娠初期はつわりや頻尿でトイレに行く回数も多いと思いますので、その辺は工夫して席を予約するようにしましょう。

水分補給を忘れずに

水分補給はしっかりと行なってください。
なぜなら、機内は湿度が低いので体内の水分が奪われがちです。
ノンカフェインのものをなるべく摂取するようにしてくださいね。

必需品を忘れずに

母子手帳や保険証など、必ず携帯するべきものを忘れずに。
何かあった時にすぐに妊婦だと分かってもらうことが必要ですし、かかりつけの病院の連絡先が分かるものも携帯しておくとすぐに病院に連絡できますので、持ち歩く癖をつけておいてくださいね。

ゆったりとした服装で

ランキング

ページトップへ