2016.06.14 Tue 更新

産後で目立つ妊娠線。おすすめケア法とクリームを紹介します。

出産で体型や妊娠線が元に戻らないのは、ある程度は仕方のないことですが、できることなら戻したいですよね。今回は、そんな妊娠線に効果的なアイテムをご紹介します。肌につけて外からケアするものがあれば、摂取することで内側からケアするものなど様々です。自分にあったものを見つけてくださいね。

そもそも妊娠線が出来る原因

妊娠中からケアしていたのに、なぜかできてしまった妊娠線。
時間が経つにつれて、白っぽくなり術後に縫合の痕のようにも見える場合も
ありますよね。これは残念ながら、一生消えることはないんです。
軽いものであれば、産後にしっかりとケアすれば薄くすることは可能ですが、
やはり完全に消すことは、難しいようです。

妊娠線はいつ消える?

産後に気になることと言えば、体型が元に戻らないとか
妊娠線のこと等があると思います。
妊娠中から気にしている人は多いと思います。
妊娠線が消えなかったらどうしよう、と。
妊娠中からきちんとクリームを塗っていたにも関わらず、
妊娠後に線が全然消えない、なんてお悩みを持っている方は多いのでは
ないでしょうか?最近、周りのお母さん達の中でも妊娠線が消えないことや
ケア方法が話題になっていたので、ココでまとめてみました。

一般的に妊娠線が出来るのは、妊婦さんの7〜8割程度だと言われています。
原因としましては、お腹が大きくなるに連れて皮膚の表面は伸びていきますよね、
ですがその下にある組織では真皮は伸びが悪いので、亀裂が入ってしまい、
妊娠線が出来てしまうのです

お肌に対して一番の敵なのは、乾燥です。
潤いを保つ事で、妊娠線が増えるのを防ぎましょう。また潤っていることで、
線が出来たとしても、薄くなっていきます。
まずおすすめのケア法としましては、オイルを使って保湿力をアップしましょう。
お風呂上がりなどに塗るとより効果的です。
人気のオイルを幾つかご紹介します

おすすめのオイル

お腹以外にも、二の腕や太ももなど急激に太り元々皮下脂肪が厚い人は、
妊娠線が、出来やすいようです。太っていた人が、大幅な減量をした時にも
お腹に線が入っているのが見て取れると思います。
妊娠線と言ってはいますが、この線に関しては男女関係なくできてしまいます。

砂漠からの黄金の液体とも呼ばれ、髪のケア・肌の保湿・食用
やけどなどの治療などに使用されていました。
主に肌や髪のケア等に使用されています。

ホホバオイル

マカデミアナッツオイル

マッサージに使用すると高い浸透力で肌になじみやすく、
乾燥肌に効果を発揮します。全身に使用可能。

ココナッツオイル

こちらもマカデミアナッツオイル同様、
全身に使用出来ます。

臭いの好き嫌いなどもあると思いますので、
自分に合うオイルを見つけてくださいね。

おすすめのクリーム

オイルがちょっと苦手という方は、クリームでの保湿も
オススメです。油分をほどよく混ぜてありますので、
十分保湿できます。

ノコア アフターボディ トリートメントクリーム

無添加成分でできており、美容成分配合です。
よく伸びて、使い心地が良いと評判です。

ベルタ マザークリーム

保湿力が高く、無添加・無香料でオーガニック原料を
使用しているので、安心して利用できます

アマールカ ストレッチマークミニマイザー

無農薬の有機栽培植物原料にこだわった自然派化粧品。
肌トラブルも緩和しながら、自己治癒力もアップさせてくれます

妊娠線を消す方法

新陳代謝を促進する

規則正しい食生活と暖かい飲み物で3食きちんと食べて、
血流を良くしましょう。そうすることで、肌のターンオーバーを
促し妊娠線を薄くしていきましょう。

プラセンタを摂取

プラセンタには細胞分裂を活性化させる成分が入っていますので、
亀裂の修復・再生を促してくれます

いかがだったでしょうか。
妊娠線は出産経験のある方はかならず通る悩みだと思います。
しっかり対処して、最小限に抑えましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ