2016.12.16 Fri 更新

マタニティウェアはいつから必要?上手な選び方は?

妊娠したらお腹がどんどん大きくなりますね。 今まで着ていた服が着られなくなっていき、マタニティウェアを着るようになります。 マタニティウェアを着るようになると、気になることがたくさんでてきますね。 マタニティウェアをいつからどのように選べばいいのでしょう? 今回は「マタニティウェアの上手な選び方」についてご紹介します!

マタニティウェアは絶対ないといけない訳ではありません。
ゆったりした衣類であれば、マタニティウェアではなく、手持ちの服でも大丈夫です。
手持ちの服と相談しながら、必要なものだけを買い足すようにしてくださいね。

マタニティウェアは絶対ないとだめ?

お腹の締めつけがまだ苦しくないであろう妊娠初期は、着る必要はないとされています。
つわりが酷く、すでにお腹の締めつけが苦しいという場合は妊娠初期からでもマタニティウェアを着る方もいます。

マタニティウェアは「お腹の締めつけをなくすこと」を目的に作られています。
お腹の大きさや苦しさに個人差があるため、「必ずこの時期からマタニティウェアを着なければいけない」という基準はありません。
一般的にお腹が目立ち始める妊娠4〜5ヵ月頃から着る人が多いそうです。

マタニティウェアはいつから着る?

マタニティウェアの上手な選び方のポイント

身体に負担が少なく、長く着られるもの

最近のマタニティウェアは、機能的でおしゃれでかわいいものが増えてきました。
マタニティウェアを選ぶ時には、どのようなものを選べばよいのでしょう?
マタニティウェアの上手な選び方のポイントは以下の通りです。

マタニティサイズは大丈夫?

マタニティウェアは、なかが大きくなっても簡単に着られて、体への負担も少なくする工夫がされています。
着心地が良く、お腹まわりの大きさに応じて紐で調整できるタイプの服が、妊娠中・産後と長く使うことが出来るので、おすすめです。
自分の体型にあったものを選ぶようにしてくださいね。

素材もしっかりチェック

● 妊娠前のサイズが「SS」または「S」(5号〜7号) → マタニティS
● 妊娠前のサイズが「S」または「M」(7号〜9号) → マタニティM
● 妊娠前のサイズが「L」(11号〜13号) → マタニティL
● 妊娠前のサイズが「LL」(15号) → マタニティLL

お腹はどんどん大きくなっていきます。
サイズを間違えてしまっていたら、せっかく買った服も着れませんね。
サイズチェックはしっかりしておきましょう。
マタニティサイズの目安は以下の通りです。

妊娠中は肌もデリケートになっています。刺激の少ない、優しい素材を選ぶようにしてくださいね。
直接肌に触れる服は、妊娠前に着ていた素材ものでも、かゆみが出てしまうこともあります。

ヒールの高い靴はなるべく避ける

ヒールの高い靴は体勢が不安定になりがちです。
もし転倒してしまったら、赤ちゃんに何かしら影響があるかもしれません。
赤ちゃんへの影響が怖いので、フラットシューズやスニーカーなど、安定度・安全度を優先して過ごすようにしましょう。

妊婦用アジャスターを使う

マタニティウェアは妊娠中しか着れないからもったいない!なんてお声が聞こえます。
でもマタニティウェアがないと妊娠している10ヵ月を乗り切れないのでは…と思われがちですが、そんなことはありません。

乗り越えるために使われているファッションアイテムに「妊婦用アジャスター」があります。
アジャスターさえあればボタンをしなくてもズボン、もしくはベルト通しのついたスカートを固定することができます。
マタニティウェアを買い足さず、妊娠前の服を着ることができるようになります。
アジャスターだけ買えばいいので、安く済むことがほとんどのようです。

いかがでしたか?
お気に入りのデザインで、自分の身体に合ったマタニティウェアを見つけましょう。
お腹が大きいこの期間だけのおしゃれを楽しみたいですね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ