2016.12.22 Thu 更新

たまに聞く想像妊娠。でもそれって本当にするの?原因は?体の変化は?

想像妊娠という言葉を、たまに聞きますよね。これは実際には妊娠していないのに、妊娠したかのような症状が見られる一種の心身症なんです。これは本当に不思議なことではありますが、あり得る事なんです。でもどうして身体は妊娠していると思い込んでしまうのでしょうか。ここではそんな想像妊娠の不思議について原因などをまとめてみましたので、ご覧下さい。

その原因は?

信じられない話ですが、ひどい人だと実際にお腹が大きくなって、出産しそうになる人もいます。
海外では、出産予定日を過ぎたのに全く産まれる兆候がなかった為、帝王切開を行なったら想像妊娠だったというケースもあるんです。
全くもって、信じ難いですよね。
でも本当にあり得る事なんです。

そもそも想像妊娠とはどういった症状になるのでしょうか。
想像妊娠とは、妊娠していないにも関わらず、妊娠の初期症状が現れます。
これは冒頭でも書いたように、一種の心身障害です。

想像妊娠とは

ではなぜそのような、想像妊娠が起こり得るのでしょうか。
その原因は幾つかありますが、妊娠に対する不安や恐怖、または強い願望がストレスとなり、脳に刺激を与えることで、脳が錯覚し、「妊娠している」と誤認してしまうんです。
その結果、卵胞ホルモンを多く分泌するんだそうです。
そこまでは分かっているのですが、それより詳細なメカニズムについては、分かっていません。
妊娠に焦りを感じていたり、過去に流産経験がある方などは、妊娠に対して強いストレスを感じやすい為、想像妊娠になる可能性があるんです。

・生理の遅れ
・微量の出血
・乳首の黒ずみ
・母乳が出る
・食欲不振や強い眠気

いくら妊娠の初期症状と言っても、実際にはしていない訳ですから症状といっても、そんなに大した事は、なんて思っていると危ないです。
想像妊娠とはいえ、妊娠の初期症状とかなり似ている症状が現れます。
以下にまとめてみましたので、ご確認ください。

その症状について

これだけ見ても、妊娠の初期症状と共通していることが多くあります。
実際に妊娠と勘違いしてもおかしくない症状ばかりです。
もしこのまま放置しておくと、予定日近くに陣痛や出血など本当に妊娠時と同じような症状が見受けられるでしょう。
ただ、大半は尿検査やエコー検査などで妊娠ではないことがハッキリと分かりますので、自然と症状は消えていきます。

治療法は?

検査でハッキリと否定する

想像妊娠の症状は、妊娠に対するその強い意識が原因な為、検査でハッキリと否定してあげることで、胎児の存在が確認できないと自分自身も納得してその症状も治まります。
このように自分の目で見える形で確認することが大事です。

精神的なストレスを解消

過剰なストレスによっても想像妊娠は引き起こされるので、精神的なストレスを取り除く事で、自分自身が想像妊娠だったということを自覚することが大切です。
心療内科に相談するのも一つです。

ホルモンバランスを整える

ストレスを感じると、ホルモンバランスも乱れますので、バランスを整える為にも産婦人科でピルを処方してもらうのもいいでしょう。
ホルモンバランスが整うことで、想像妊娠しにくくなります。

最後に

リラックスする時間をしっかりと確保することで、日々のストレスを軽減することができます。
これは妊娠や子育て中にも言える事なのですが、忙しい毎日を送っていると、些細なことでもイライラしがちですので、まずはそこを解消することを意識するといいかもしれませんね。
穏やかな日々で想像妊娠を予防しましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ