2016.12.26 Mon 更新

妊娠中でもオシャレしたい!妊娠中の靴選びについて。

妊娠中は、まずは体を1番大事にしなければいけませんよね。少し過剰なくらい気にしていても、いいと思います。体もどんどん変化していきますし、自分でも予想のつかない体調の変化もあることでしょう。食事や行動にも色んな制限がでてきます。そんな妊婦生活でも、オシャレは変わらずにしていたいですよね。そこでここでは、妊娠中のそれぞれの時期に合わせた、靴選びについてまとめてみましたので、ご覧ください。

ペタンコな靴

でも、妊娠するまではヒールが高い靴をよく履いていた、という方は、高さ3cmまでにして履くといいでしょう。
では更に詳しく見ていきましょう。

そんな時にヒールの高い靴なんか履けませんよね。
転倒の危険性が伴いますし、万が一転倒して尻もちをついてしまったり、階段を踏み外したりしてしまう等のことがあると、身体を傷めるだけでなく、胎児にもショックが伝わります。

1番注意しておくべき時期です。
なぜなら妊娠初期の頃は、体調の変化が最も激しい時期だからです。
つわりになりやすく、貧血を起こしたり、めまいを起こす場合もあり、フラフラしてしまうことも多いかもしれません。

妊娠初期の靴

最近はスニーカー女子なる言葉が流行っていますし、街中でもスニーカーをオシャレに履いている女性を多く見かけます。
スニーカーは安定性は抜群ですし、転倒の危険性も低くなります。
またストレスも無く、歩きやすいと思います。
今までスニーカーに抵抗があった人でも、この機会に是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

スニーカー

ヒールのないフラットな靴の方がより安全性が高まりますので、オススメです。
ただ、上記でも書いたように、今までヒールの高い靴に慣れている方だと、逆にフラットな靴に戸惑うことがあり、場合によってはうまく歩けず、つまずいてしまう事もあるかもしれません。
ですのでそういった方には、高さ3cmまでのヒールをオススメします。
これでしたら、少しだけですが、脚長効果も期待できますよ。

この時期は、妊娠初期の体調不良やつわりが治まり、身体も気持ちも安定してくると思います。
体調にもよりますが、近距離なら旅行することも出来ます。
ついでにオシャレを存分に楽しむことができると思いますので、良い時期だと思います。

妊娠中期の靴

後期にもなると、お腹が結構でてきていると思いますので、足下が見えない場合もあります。
ですので、履きやすい靴がオススメです。
スニーカーは妊娠初期などはオススメでしたが、この頃はひも靴は面倒なので避けた方が無難かもしれませんね。

妊娠後期の靴

もし旅行等に行かれる場合は、歩くことも多いと思いますので、スニーカーがオススメです。
夏場ですと、サンダルでもいいでしょう。
ただし、体が冷える可能性もありますので、靴下を持参しておきましょう。

靴の選び方

では妊娠中の靴はどこにポイントを置いて、選んだらいいのでしょうか。
1番大切なのは、つま先の形です。
妊娠中はむくみますので、それを予測して選ぶ事が大切です。

ポイントとなるのがつま先で、尖っていると足がまず入らず、歩けても痛いです。なるべくつま先がラウンド型のものを選びましょう。
次に、かかとがあるかどうかも、大事です。
お腹が大きくなってくると、靴を履くためにかがむのも大変になってくるので、かかとがしっかりと付いていて安定した靴を選びましょう。

まとめ

冒頭でも述べましたが、体が1番大事ですので、オシャレしたい気持ちもいいですが、1番履きやすく安全第一で選びましょうね。
今はペタンコな靴でも色んなデザインがありますので、オシャレも充分できますよ!

ランキング

ページトップへ