2017.06.06 Tue 更新

陣痛促進剤ってどんな効果があるの?リスクはある?どのくらい時間が掛かるの?

出産が近づくと、自分はどんな分娩になるんだろうと想像しますよね。 色々な出産方法や出産時のトラブルなどを調べていると、不安になることもあります。 その中で「陣痛促進剤」についてどんなものなのかわからなくて不安ということもあるのではないでしょうか? 必ず使用するものではないですが、実際に使用する時に慌てなくても良いように、まずはどんなものなのかを知っておきましょう。

陣痛促進剤の効果には個人差が大きく、使ったからと言って必ず陣痛が起こるわけではないので、状況によっては陣痛促進剤以外の方法で陣痛を促したり、帝王切開などの処置に切り替えたりすることもあります。

陣痛促進剤は破水したのに陣痛が起こらなかったり、出産予定日を超過しても陣痛が始まらなかったりする時、陣痛がなかなか強くならずにお産が進まない時に使用されます。
子宮の収縮を促して陣痛を引き起こすための薬で、「陣痛誘発剤」などとも呼ばれます。

陣痛促進剤ってどんな効果があるの?

陣痛促進剤には「オキシトシン」もしくは「プロスタグランジン」が含まれています。
それぞれに使い方や効果が少し違います。

陣痛促進剤の種類と使い方

オキシトシンは自然分娩に近い形で子宮収縮を促します。
点滴で投与されますが、その効果は個人差が大きく、投与しても陣痛が起こらないこともあります。

オキシトシンとプロスタグランジンは基本的には併用されることはありません。
まずどちらかを使用して、効果が見られない時にもう一方を数時間置いて投与します。

プロスタグランジンは点滴、経口投与の二通りの方法があります。
経口投与の場合は投与量の調整が難しくなります。
その効果はオキシトシンに比べて個人差が少なく、陣痛を引き起こしやすい特徴があります。

陣痛の誘発

どんな時に使うの?

出産予定日を1週間以上過ぎて、胎盤の機能の低下によって赤ちゃんの健康状態に影響が出るかの末井があるような場合には、陣痛促進剤を使用することがあります。
出産予定日を過ぎていなくても、陣痛が起こる前に破水が起こった場合や、妊娠高血圧症候群などのトラブルで母体の健康状態に問題がある場合など、早期出産が望ましい場合に使用されます。

陣痛の後押し

陣痛が起こっていても、陣痛が強くならず微弱陣痛と診断された場合や、お産が長引いてママや赤ちゃんが疲弊しそのままの状態で出産を続けるのが難しい場合などに陣痛促進剤を使用します。
ママや赤ちゃんの様子を見ながら、医師が判断して使用するかどうかを決定します。

出産までにどのくらいかかる?痛みは?

陣痛速剤の投与開始から陣痛が起こるまでの時間、出産が終わるまでの時間は個人差が大きいものです。
陣痛促進剤を使ったからと言って、いつ陣痛が起こりどのくらいで出産が終わると言う目安はなく、実際に投与してみないとわかりません。

通常の出産でもその進み方に個人差があるのと同じで、陣痛市区芯材を使用した後の進み方も人それぞれだということを覚えておいて下さい。

陣痛の痛みについても感じ方は人それぞれなので、一概には言えません。
しかし、陣痛促進剤を使用した出産を経験した方の中には、陣痛促進剤を使用したときのほうが痛みが強かったと言う方も多くいるようです。
しかし、そんなに強い痛みを感じなかったという方もいますし、陣痛促進剤を使わなくても痛みが強かったという方もいますので、どうなるのかはその時にならないとわからないようです。

リスクはあるの?

陣痛促進剤は人工的に陣痛を起こすものなので、その使用方法によってはリスクもあります。

自然な陣痛とは違って、陣痛促進剤を投与した分だけ陣痛が強くなるので、子宮の収縮が強くなりすぎて「過強陣痛」などが起こります。
子宮収縮の締め付けが強くなりすぎると、胎児が圧迫されて胎児機能不全を起こしたり、子宮破裂や子宮頸管裂傷を起こしたりする危険性もあります。

また、収縮によって筋肉が疲弊してしまい出産後に止血が行われない「弛緩出血」などが起こる場合もあります。

しかし、陣痛促進剤を使用する時には、分娩監視装置で子宮の収縮の様子や血圧・脈拍などを監視しながら管理し、投与量の調整などを行なっています。
危険な兆候があれば、投与量を減らしたり投与を中止したりするなどの処置が取られます。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ