2017.06.17 Sat 更新

赤ちゃんの乾燥性湿疹!気になる原因や治療法についてまとめてみました。

赤ちゃんのお肌は皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすいデリケートな状態です。 大人に比べてお肌も薄いため、ちょっとしたことで肌トラブルを引き起こしてしまいがちです。 赤ちゃんが引き起こす肌トラブルの中でも、お肌の乾燥が原因で起こるトラブルがあります。 今回は、「赤ちゃんの乾燥性湿疹」についてご紹介します!

乾燥性湿疹とは?

生後2~3ヶ月を過ぎたくらいから現れる肌トラブルです。
お肌が乾燥してしまい、お肌の表面にある角質層の水分が不足していきます。
結果、お肌がひび割れしたり、粉をふいたような状態になってしまいます。
乾燥した外気に触れると起こりやすい症状なので、お腹や背中等といった面積が広い部分、頬や手足等の外気に露出している部分に多く見られます。

原因は?

生まれたばかりの頃は、お母さんの体からもらったホルモンの影響で皮脂を多く分泌しているのですが、生後2~3ヶ月くらいになると、お母さんの体からもらったホルモンの影響がなくなっていきます。
ホルモンの影響がなくなるため、皮脂の分泌がどんどんと落ち着いてき、分泌量が低下してお肌が乾燥し始め、炎症を起こします。

乾燥性湿疹の治療法

乾燥性湿疹は、お肌を保湿していれば、自然に治まっていきます。
全身、乾燥がひどい部分を重心的に赤ちゃん用の保湿クリームや乳液等を塗って、乾燥対策を行いましょう。
赤みやかゆみがひどい場合は、小児科もしくは皮膚科を受診するようにしてください。
炎症を鎮める弱いステロイド外用薬が併用目的で処方されることがありますよ。

乾燥性湿疹の予防法

乾燥性湿疹は、普段から赤ちゃんの乾燥に気をつけることで予防できます。
乾燥性湿疹の予防法は以下の通りです。

保湿をする

お風呂上りやオムツ替え、着替えの際に、ベビー専用の低刺激の保湿クリームやローションを使って保湿ケアを行いましょう。
このとき、お肌の表面につけるだけでなく、優しく塗りこんであげてくださいね。
お風呂上がりは急激に水分が失われ、乾燥しやすい状態なので、体についたお湯をきれいにタオルで拭いてから保湿クリームやローションを使って保湿しましょう。
身体が冷えたり、保湿効果が下がってしまったりする前に、できるだけ素早く塗ってあげるようにしてくださいね。

お肌を優しく洗う

赤ちゃんは元々、皮膚が薄くて敏感肌です。
そんな敏感肌に加えて乾燥しているで、赤ちゃんのお肌は、バリア機能が低下していて、少しの刺激で皮膚が傷ついてしまいます。
デリケートなお肌は、石鹸やボディソープは低刺激のものを使うようにしてあげましょう。
しっかり泡立てて、泡で触れるように優しく洗ってあげてくださいね。

お肌を洗い過ぎない

お肌の水分を必要以上に奪わないようにするためにも、お肌を洗い過ぎないようにしましょう。
洗浄力が高い石鹸やボディソープは、必要以上に皮脂や水分までも奪ってしまうので、低刺激でベビー専用のものを使用するようにしてくださいね。

部屋の中を加湿する

部屋の中の空気が乾燥していると、お肌も乾燥してしまうので、部屋の中を加湿しておいてくださいね。
湿度は50~60%を保つように心がけましょう。

いかがでしたか?
赤ちゃんの肌で乾燥性湿疹が起きると、かゆみや痛みが生じて、赤ちゃんが身体をかいてしまってお肌が真っ赤になってしまうことがあります。
見ていて痛々しいお肌になってしまうので、赤ちゃんのお肌を守るためにも、日頃から保湿ケアを続けていきましょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ