2017.08.22 Tue 更新

妊活にたんぽぽ茶が言って本当?どのくらい飲めばいい?

妊活について調べていると、いろいろな情報が出てきます。 その中で「たんぽぽ茶が妊活に良い」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 昔から漢方やヤウ層として使用されてきたたんぽぽですが、妊活にはどのような効果があるのでしょうか? そこで、ここではたんぽぽ茶の効果やどのくらい飲めばいのかなどをご紹介いたします。

たんぽぽ茶には栄養が豊富で、身体の機能に働きかけてくれます。
主な効果としては次のような物があります。

たんぽぽ茶の効果

たんぽぽ茶にはカフェインを含まず、健康に気を使う女性や妊娠中・産後のママだけでなく、女性特有の悩みをケアすることができると言われています。
その効果から妊活中の助成にも良いと言われ注目されています。

たんぽぽ茶とはその名の通りたんぽぽで作られたお茶です。
しかし、花の部分ではなく根を使って作られます。
古くから漢方薬として使われていたり、ヨーロッパでも薬草として伝わっていたりします。

たんぽぽ茶って何?

・肝機能の向上
・血中コレステロールを抑える
・血糖値を下げる
・利尿作用
・むくみの解消
・消化の促進
・便秘の予防、解消
・血行促進
・冷えの解消
・ストレスの緩和
・ホルモンバランスを整える
・母乳を作るのを促す

女性だけでなく、男性にとっても精子の数や運動率を高めてくれる働きがると言われていますので、パートナーと一緒に飲むのがおすすめです。

ホルモンバランスを整えて生理周期を整え、血行を促すことで冷えを解消してくれます。
また、血流が改善されることで子宮や卵巣の働きがよくなり、着床した受精卵を維持しやすい状態にしてくれるなど、女性が妊娠するためのいい働きがたくさんあります。

たんぽぽ茶を飲んだからといって不妊が直接的に解消されるわけではありません。
しかし、妊娠しやすい体づくりを助けてくれると言われています。

たんぽぽ茶は不妊にいいの?

たんぽぽ茶が妊活に良いと言っても、たくさん飲めばそれだけ効果が出るというわけではありません。
ノンカフェインなので飲む量を気にしすぎる必要はありませんが、1日2〜3杯程度を目安に飲むようにしましょう。

どのくらい飲めばいいの?

たんぽぽ茶には利尿作用がありますので、飲みすぎるとトイレが近くなってしまうことがあります。
外出などで長時間トイレに行けないような時には、飲む量に気をつけてくださいね。
普段は食事と一緒に飲んだり、リフレッシュタイムに飲んだりすると良いでしょう。

まとめ

漢方や薬草として使用されてきたたんぽぽ茶ですが、薬ではないので飲んですぐに効果が出るものではありません。
普段飲んでいるコーヒーやお茶の代わりにたんぽぽ茶を飲むようにするなど、無理のない範囲で取り入れてみて下さい。
妊娠しやすい体づくりのためにはストレスは大敵です。
なので、リラックスした気持ちで、たんぽぽ茶を続けてみてくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ