2016.07.29 Fri 更新

シングルファザーになるとどんな生活?シングルファザーの子育てで大変なことをまとめました

近年、シングルファザーの家庭が増えてきているようです。 シングルファザーは、子育てや日常生活の他に、思春期の子供との接し方や再婚の問題などが女性よりも多いとされています。 今回は「シングルファザーの子育てで大変なこと」についてご紹介します!

シングルファザーの子育てのお悩み

次に、「父子家庭の貧困化」です。
この問題は、最近取り上げられるようになりました。
シングルファザーになり、以前と同じような残業や出張ができなくなって収入が減ったり、シッターを頼むことが増えて出費が増えたり、経済的に苦しくなったという方が多いようです。
昔は、「母子家庭」に限定した制度が多く、「父子家庭」は手当を受けれないといことがほとんどでしたが、困っているのは母子家庭だけではありません。
今では「ひとり親家庭」という位置付けになり、父子家庭も様々な手当や補助金制度が利用できるようになりました。
必要な手当はしっかり申請して利用しましょう。

シングルファザーの子育てで、いつも問題となるのは「仕事と育児の両立や孤立」です。
男性の育児に理解を得られない場合がほとんどです。
育児を優先すると、遅刻・早退・急な休みが増えてしまいます。
その結果、昇給や昇格に大きく影響してしまいます。

シングルファザーの子育ての問題

小学生以降の子育ての悩み

幼少期の場合、ベビーシッターを利用する人が多いようです。
仕事の関係等で、シッターにお世話をお願いする時間が長くなると、出費がどんどん大きくなってしまいます。
子供が病気になってしまった場合、病気の子供を頼めるシッターや病児保育を調べて登録しておかなければいけません。

幼少時の子育ての悩み

思春期では、親が側にいないため、何かあっても、子供は気軽に相談することができません。
寂しさから子供の外出が増えたり、夜遊びが増えてしまったり、何か事件に巻き込まれたりするケースもあります。

小学生くらい大きくなると、学校行事に参加することが難しくないrます。
授業参観等にできるだけ参加したいけれど、仕事の都合があわずに参加できず、子供を「周りの子は親が参加しているのに自分のお父さんは参加していないから1人」という状況にさせてしまいます。

再婚

思春期や反抗期の時期ぐらいに、女の子は「生理」がはじまります。
男の子であれば「性」に関心が高まってくる時期ですね。
性教育はとても大切なことですが、意外と知らないことが多いものです。
どう伝えたら良いか悩むことは多いようです。
事前に学ぶことも大切ですが、わからないときは、地域の育児相談や学校の先生に相談してくださいね。

性教育

子供にとって「母親」という存在は大きいものです。
「母親」との思い出が良い物であればあるほど、「新しい母親」を受け入れるのが難しいものです。
離婚が原因の場合、再婚する側の女性にも理解をしてもらわなければいけません。
まずは子供の気持ちを第一優先にしましょう。
新しく「母親」になる彼女への気配りや、隠しごとをしないことも大切です。

シングルファザーを支援するNPO

シングルファザーを支援するNPOがあることはご存知ですか?
親の援助が受けられない場合や、周りにシングルファザーがいない場合は、お父さんは孤立無援となってしまい、大変辛い状況に立つ事になります。
そんな状況になってしまいそうになったら、シングルファザーを支援するNPOを頼ってみてください。
シングルファザーを支援するNPOなども多くあるので、ぜひ探してみてくださいね。

いかがでしたか?
シングルファザーになったら、短くてもいいので、なるべく子供と接する時間を作りましょう。
成長や変化に気づけるように、少しでもいいので、子供の近況や何気ない話をする時間は重要です。
どうしても忙しくて難しい場合は、子供と交換日記をするという方法を選ぶ方が多いそうです。
お互いのことが分かる状態は、子供もお父さんもお互いに安心して毎日を過ごせますよ。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ