2017.01.21 Sat 更新

妊娠したけど産むことができない。中絶の手術方法と費用。行える時期について

妊娠をした方の中には、経済的な理由、身体的、精神的な理由など色々な事情によって出産まで妊娠を継続することができないこともあります。 妊娠色に中絶を選択するときにはいつまでに中絶手術を受けるべきなのでしょうか?また、その手術方法や費用はどうなのでしょうか? 妊娠中絶手術に関する様々なことに関して、まとめてご紹介いたします。

しかし、必ずしも相手の男性の同意を得られる分けではないかと思います。
連絡が取れなかったり、死亡してしまったり諸事情がある場合には同意書へのサインをしてもらうことができないので、医師と相談の上中絶手術を受けることができます。

人工中絶手術を行うには、必ず同意書が必要になります。
この同意書は手術を受ける女性だけでなく、相手の男性のサインも必要になります。
妊娠は男女ともに責任があることなので、よく話し合い同意した上でないと処置することができません。

中絶手術を行うには同意書が必要

中絶というのは、母体内から出ても生存することができない時期に人工的な方法で退治を流産させることです。
この人工中絶が行える期間については母体健康法という法律によって21週6日までと定められています。
中絶の方法は妊娠の週数によって異なりますが、妊娠11週6日までに行う場合ではほとんどの病院で手術が適応されます。
また、妊娠9週を超えると退治も生調子子宮公が開きにくくなるため、母体への負担が大きくなると言われています。

中絶はいつまで?

掻爬法

ほとんどのケースで中絶の手術は日帰りで行われます。
しかし、妊娠初期で正常な妊娠状態であることが前提になります。
また、中絶の手術を受ける前には術前検査を受ける必要があり、そこで異常が見つからなければ同意書にサインをしてちゅぜつの手術を受けることになります。
妊娠初期の中絶方法には以下のようなものがあります。

妊娠初期の中絶の方法

吸引法

スプーンのような形をした器具によって退治や胎盤を書き出して中絶する方法です。
全身麻酔をかけて行われ、手術時間は数十分程度です。

手術自体は全身麻酔d絵行われるために、術中に痛みを感じることはありません。
しかし、個人差はあるものの術前処置や術後にしばらく痛みを感じることがあるようです。
不安な場合にはどんな時に痛みを感じるのか、どんな対処法があるのかなどを医師に確認しておきましょう。

中絶手術の痛みはあるの?

掃除機のような機会で退治や胎盤を吸い出して中絶する方法です。
こちらの処置も全身麻酔下で行われ、時間も数十分程度です。

妊娠初期の中絶費用

妊娠初期の中絶手術は保険適応外です。
そのため全額自己負担になります。
中絶の手術にかかる費用は病院によって異なりますが、一般的にはだいたい20万円程度あれば受けることができます。
しかし、異常がある場合、持病がある場合などには別途費用がかかる場合もありますので、確認しておく必要があります。

全額負担になるので、できるだけ安く受けられる病院がいいと思う人もいるかと思いますが、中絶手術の病院選びはとても大切です。
丁寧に説明を行ってくれる、リスクも説明してくれるなど対応のきちんとした病院を選ぶようにしましょう。

中絶手術の流れ

中絶手術は全身麻酔で行われるため、術前6〜7時間程度は絶食する必要があります。
朝早い時間に手術を受ける場合などは前日からの飲食の制限があることもあります。
また、手術2〜1日程度前から子宮頸管の開きを良くする処置を行うこともあります。

手術直前には正常な妊娠初期であるかどうか診察を行い、異常がなければ手術台で膣内の洗浄などが行われます。
その後、点滴で麻酔を入れていき、麻酔で眠っている間に手術は完了します。

手術後、目が覚めてから2〜3時間程度安静にして様子を見て、問題がないようなら帰宅します。
しばらくは違和感や出血があることもありますので、この期間は無理をしないようにしましょう。
その後、2週間ほどしたら合併症がないか、問題が起こっていないかなどのチェックを受けるために再検診を受けます。

まとめ

中絶は女性にとって、身体的にも精神的にも非常につらいものです。
しかし、迷って時間が経つとその分退治もおなかのなかで成長するので、中絶手術による負担も大きくなります。
手術を受けることができる期間のうちでも、できるだけ早いうちに受けた法がダメージが少ないでしょう。
妊娠は一人でするものではありません。
相手の男性ともよく話し合って、産むことができない場合には早急に診察を受け、手術を受けるのがいいでしょう。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ