2017.01.25 Wed 更新

更年期障害の検査って何をするの?その内容や方法、かかる費用について

最近表れている症状は更年期障害が原因かもしれない…そう感じた時には早めに検査を受けて適切な治療を受けることが大切だと言われています。 しかし、何科を受診すればいいの?どんな検査をするの?費用はどのくらい?など、気になることがたくさんありますよね。 そこで、更年期障害の検査に関するあれこれをまとめてご紹介いたしますので、参考にしてみて下さい。

検査を受けるタイミングは?

更年期障害の原因は女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れだと言われています。
賞状には個人差があり、人によってほてり、のぼせ、頭痛、腰痛、うつ、多汗などさまざまな症状があります。
症状の表れ方が違うだけでなく、女性ホルモンの減少の仕方も個人差があり、ゆっくりと減少していったり、急激に減ったりするので、自分のホルモンや自律神経の状態を更年期障害検査で知っておくことで、適切な治療を受けることが出来るのです。

更年期障害の症状は個人差はありますが、重くなると日常生活に支障が出るくらい辛く、仕事や家事が出来ないことで悩まされることも多いようです。
しかし、検査を受けることで更年期障害だと診断されると、その症状に合わせた適切な治療を受けることが出来ますので、症状を敬意減することができます。

更年期障害検査では何がわかるの?

更年期障害が現れる時期は個人差がありますので、何歳になったら検査を受けるという明確な決まりはありません。
しかし、一般的な閉経年齢に近づき、厚くないのに汗が出たり身体がほてったりする「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状などを感じたら、更年期障害検査を受けるようにしましょう。
早期治療を開始することで、症状を悪化させないことにつながります。

更年期障害の検査をうけるなら、婦人科が最も適しています。
内科に比べて内診台もあるので、必要に応じて医師が子宮や卵巣の状態を診察することができ、血液検査でも女性ホルモンの血中濃度などを調べることが出来るので、総合的に更年期障害の状態を知ることができ、より適切な治療を受けることができます。

更年期障害検査を受ける時に、何科を受診すればいいのでしょうか?
内科でも医師による問診を受けて症状を伝え、血液検査でコレステロール値などを調べて診断、治療を受けることはできます。
しかし、子宮の状態などを知ることはできません。

どこで検査を受ければいいの?

更年期障害検査の方法は?

更年期障害の検査ではどのような事をするのでしょうか?
検査内容を知っておくことで不安をなくすこともできますので、一般的な検査方法をご紹介いたします。

問診

どんな検査を受けるときでも行われるのが問診です。
自分の身体の状態などを記入した問診表をもとに、医師が問診を行いますので、自分の症状を詳しく伝えるようにしましょう。
基礎体温を受けていたり、最終月経期間などをメモしている時には持参するとより詳しい情報が伝わ得ることができます。
症状を伝えるときにも、いつ頃からどんな症状があるのかをできるだけ詳細に伝えるようにしましょう。

血液検査

血液検査によって、血中の女性ホルモンの濃度を調べます。
更年期障害には女性ホルモンの減少が関係しているので、更年期障害かどうかを女性ホルモンの数値で見ます。
また、血液検査では、高脂血症や骨粗鬆症などがないかも一緒に調べることができます。

細胞検査

子宮がんかどうかを調べる検査で、子宮頸部から細胞を摂って検査を行います。
検査自体は短時間で済みますし、痛みを感じることもありません。

超音波検査

子宮や卵巣の状態を知るために行う検査で、超音波を発する機械を使って、エコー検査を行います。

乳房検査

乳がんかどうかを調べるために行われる検査です。
検査方法としては、直接触って調べる触診や、機械を使用して調べるマンモグラフィ検査などがあります。

内診

更年期障害検査の際に、医師が必要だと判断した時には内診が行われます。
子宮や卵巣の状態を直接調べることで、より詳しい診断を受けることができます。

骨粗鬆症検査

更年期障害の一つとして「骨粗鬆症」の症状が出ることもあります。
一般的な検査方法としては骨密度を計るために、レントゲン検査やかかとなどに超音波を当てて調べる方法があります。
また、血液検査や尿検査で骨代謝マーカーを使用して検査が行われます。

更年期障害検査の費用は?

受診する医療機関によって変わりますが、一般的には5,000円前後の費用で検査を受けることができます。
内科と婦人科では検査項目がっ変わるため、費用が違います。
また、検査内容によって保険適応ではない検査もありますが、検査費用が1万円を超えることはほとんどありません。
実際に更年期障害検査を受ける時には、受診する前に検査を受ける医療機関に費用を確認しておくと安心です。

まとめ

最近では、20〜30代で更年期障害のような症状を感じる「若年性更年期障害」に悩む人も多くいるそうです。
自分はまだ大丈夫だと無理をしてしまい、症状が悪化してしまうこともありますので、更年期障害の症状を感じたら、できるだけ早く受診をして適切な治療を受けるようにしましょう。

自分にはまだ関係ない、「更年期」だと認めたくないという方もいるかもしれませんが、自分の身体を守るためにも一度考えてみてくださいね。

ランキング

ページトップへ