2017.02.22 Wed 更新

おりものが乳白色でヨーグルト状に…原因は?原因と治療法についてまとめました。

おりものは女性の健康を測るバロメーターだとも言われています。 ですが、人に相談しにくいものでもあり、病院に行くのも恥ずかしいと思われがちなものでもあります。 今回は「乳白色でヨーグルト状のおりものの原因と治療法」についてご紹介します!

また、分泌量には個人差があり、おりものが出ていることに気づかない人もいます。
そんな大して気にならないようなおりものが目に見えて大きく異常があった場合、それは身体に何かしら異常があったと考えてください。おりものは女性にとって健康を測るバロメーターでもあるので、普段から注意するようにしてくださいね。

おりものの状態は、生理周期によって変わる女性ホルモンによって変わっていきます。
透明で量が多く糸を引くような状態と、やや白っぽくて量は少なくベタベタとした状態を繰り返しています。
この2つの状態が正常な状態であり、無臭かやや酸っぱい臭いがします。強い臭いはしません。

「おりもの」は、細菌の侵入と繁殖を防ぐ役割と、排卵時期に精子が卵子に到達しやすいように受精をサポートする役割を持つと言われています。

正常なおりものってどんな状態?

乳白色でヨーグルト状のおりものの原因とは

膣内の常在菌「カンジダ」が異常増殖して起こります。
おりものが白い酒かす状・ヨーグルト状・カッテージチーズ状のような特徴的な状態になり、デリケートゾーンに強いかゆみや痛みを引き起こすこともあります。痛みやかゆみが起こることはありますが、悪臭はしません。

膣カンジダ

おりものが乳白色でヨーグルト状になることがあり、乳白色でヨーグルト状のおりものになる原因は、膣の炎症によるものだと言われています。
膣の炎症を引き起こす以下の病気を疑うようにしてくださいね。

細菌性膣炎・細菌性膣症

おりものが灰色か乳白色で、デリケートゾーンのかゆみがないときに疑われます。
膣内にもともといる菌が、疲労やストレス等によって免疫力が低下したときに異常繁殖してしまい、膣の炎症を引き起こすとされています。
かゆみや痛みは見られませんが、おりものが生臭くなります。

トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫という生物が感染して発症します。性感染症のひとつです。
黄色っぽかったり、灰色がかったおりものが見られます。
膿のある泡状になえい、乳白色のクリーム状・ヨーグルト状に見えることもあります。
また、デリケートゾーンにかゆみを感じたり、おりものから強烈な臭いを発する等の症状が見られます。
基本的に性行為によって感染すると言われていますが、タオルや下着、浴槽から感染することもあります。

乳白色でヨーグルト状のおりものの治療法。

まず婦人科を受診し、どのような菌が原因なのかを調べましょう。
細菌性膣炎の治療では、膣内を洗浄して膣内に抗生物質を含む薬剤を7〜10日間投与します。
膣カンジダの治療では、膣への抗真菌薬の投与やデリケートゾーンの炎症の治療のために軟膏やクリームを塗ることもあります。
膣カンジタを発症している場合、パートナーに菌が残っていると再発する可能性があるので、感染が疑われた時はパートナーも一緒に検査をし、治療を受けるようにしてくださいね。

いかがでしたか?
おりものが乳白色でヨーグルト状になっていることが分かったら、自己判断はせずに婦人科を受診するようにしましょう。
長いこと放置していると不妊の原因になりかねません。早期に治療をするようにしてくださいね。

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ