2017.08.06 Sun 更新

赤ちゃんを可愛く撮影する5つのコツについてまとめました。

生まれてから赤ちゃんの成長というのはあっという間に過ぎ去ってゆくもの。 可愛い写真をたくさん残してあげたいですよね。 でも、赤ちゃんってよく動くし泣き始めるし、思うような写真がなかなか取れないものです。 本日は「赤ちゃんを可愛く撮影する秘訣」についてまとめました。

赤ちゃんを可愛く撮る秘訣1 すぐに撮影出来るようにカメラを起動しておく。

赤ちゃんが笑ったり、変な格好していたり、はたまた初めて寝返りを打ったり。
そんな貴重な瞬間を撮るためには、常に撮影出来るよう準備しておかなければなりません。

そのため、スマホなどでカメラアプリをホーム画面から立ち上げる方法を事前に把握しておくことも重要ですし、立ち上げた後にすぐきれいな写真を撮れるようあらかじめ設定なども済ませておきましょう。

シャッターチャンスは一回だけ!赤ちゃんにお願いしても、もう一度同じポーズをしてくれるわけではありません。
なんとなく様子を見ている時は、カメラアプリなどを常に立ち上げて備えておくくらいがちょうどいいかもしれませんね。

赤ちゃんを可愛く撮る秘訣2 フラッシュをたくのは避ける。

フラッシュをたくと赤ちゃんがびっくりしてしまうことがありますので、思っていた瞬間を撮ったつもりでもポーズをとっさに変えてしまったり泣きだしたりすることもあります。
大切な瞬間を撮るためにも、フラッシュを焚かなくていいよう、窓キワに移動しておりたり、カメラのレンズを変えておいたりして、明るくする必要があります。

すぐにとることを考えて昼間でも赤ちゃんがおきている時は電気をつけておくといいですね。

赤ちゃんを可愛く撮る秘訣3 とにかく連写!その中から選ぶ方式!

いい表情は一瞬!逃さ無いためにも、連写設定をしておいたり、カメラアプリなどだと長押しで連写になる機能があるものもありますので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。
連写した中から、ぶれてい無い、表情のいいものを選びましょう。
動画で撮っておいて、切り抜くのもオススメですよ。

赤ちゃんを可愛く撮る秘訣4 赤ちゃんの目線に合わせて撮る

体勢を低くして、赤ちゃんと同じ高さまで目線を下げるようにしましょう。
赤ちゃんの表情がよく見えますし、赤ちゃんもお父さんやお母さんが顔を覗き込むと安心することがあります。
より良い表情をしてくれるかも!

赤ちゃんを可愛く撮る秘訣5 赤ちゃんの成長を意識した写真を撮るようにする!

お母さんと赤ちゃんの手のサイズの違いを一緒に写真に収めると、赤ちゃんの小ささが強調されます。
その他、いつも同じ場面、寝ている姿を毎日摂るなど少しずつ成長している姿が見られると後で見返して感動すること間違いなしですよ!

まとめ

いかがでしょうか。赤ちゃんの成長は早いものです。
決定的な瞬間を残すために、事前に準備しておくことが大切ですね。
写真は現像してアルバムを作ってあげましょう。
お子さんが成長して大人になった時にそっとプレゼントしてあげたり、一緒に振り返ったりできるといいですね。
可愛い写真をたくさんとって、たくさんのこすようにしましょう!

このまとめに関する記事

ランキング

ページトップへ