2017.09.12 Tue 更新

生理前にいつも頭が痛い…原因や対策法は?ツボや漢方は効くの?

生理前の不快症状に悩まされる人は多いですが、その中でも頭痛があると家事や仕事がはかどらずに気分も沈んでしまいますよね。 でも、なぜ生理前に頭痛が起こりやすくなるのでしょうか?ツボや漢方は症状の改善に効果があるのでしょうか?生理前の頭痛の原因や対策についてご紹介します。

生理と頭痛は一見関係ないように感じますが、生理周期は脳内でホルモンが分泌されることで作り出されるので、実は深いつながりがあります。
生理前の頭痛に関係しているのは、生理周期を作り出す女性ホルモンの1つである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が関係しています。

なぜ生理前に頭痛が起こるの?

エストロゲンの分泌量が減少すると、脳内の神経伝達物質の1つである「セロトニン」も減少します。
セロトニン量が減少すると、脳内の血管が拡張されるので血管の周りの神経が刺激されて頭痛が起こります。

エストロゲンの分泌量は排卵前にピークを迎え、排卵後に急激に減少します。
なので、排卵後生理の直前までに頭痛が起こりやすくなるのです。
ホルモンのバランスが乱れていると、特に頭痛を感じやすくなるようです。

生理前の頭痛の対処法

生理前に起こる頭痛の原因はホルモンバランスの影響なので、痛みを強く感じる時には無理せずに休むようにしましょう。
痛みが強いと仕事や日常生活にも支障が出るので、次のような方法で対策をしてみてください。

血行を良くする

身体が冷えていると血行が悪くなり、ホルモンのバランスが乱れてしまいます。
普段からストレッチや散歩などの軽い運動を行なったり、お風呂でゆっくりと身体を温めたりすることで血行が促進され、ホルモンバランスが改善されるので、頭痛が軽減されます。

カフェインやアルコールなどは頭痛を助長するので避けるようにしましょう。
一日3食栄養バランスの良い食事をとるようにしs、特にタンパク質やビタミン類を意識してとるようにしましょう。
大豆製品にはエストロゲンに似た働きをする「大豆イソフラボン」が含まれているので、ホルモンバランスを整えるためにはおすすめの食材です。

食事の見直し

サプリを飲む

エストロゲンの分泌を促すために、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できるサプリメントを飲むのもおすすめです。
最近ではマカのサプリが人気のようです。
マカにはアミノ酸の一種である「アルギニン」が含まれており、エストロゲンに似た働きをするので、女性から支持されています。

ツボ・漢方

両耳から頭頂部に向けて指を滑らせていったときにちょうど両指がぶつかる頭のてっぺんにある「百会(ひゃくえ)」と言うツボは、頭の血行を良くしてくれて、身体をリラックスさせてくれるので頭痛を緩和することが出来ます。

また、血行を改善して頭痛などの生理前の不快症状をやわらげる効果がある「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」や「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」などの漢方薬もおすすめです。

市販薬

生理前の頭痛が辛い時には、市販の鎮痛剤もうあく活用していきましょう。
一時的にではありますが、頭痛を和らげてくれます。
最近では、生理前の不快症状の改善のための薬も市販されていますので、自分にあった薬を探しておくといざという時に安心です。
薬を飲む時には、用法・容量を守って服用するようにしましょう。

病院に行ったほうが良い?

頭痛が重くて日常生活に支所ぐあ出る場合や、生理の度にひどい頭痛が起こる、市販薬でも痛みが改善しないなどの場合には、産婦人科を受診するようにしましょう。
PMS(月経前症候群)の可能性もありますので、原因を調べて適切な治療を行うようにしましょう。
病院では低用量ピルなどのホルモンバランスを整えてくれる薬を処方してくれるので、生理前の頭痛を緩和できます。

一時的なものですが、生理周期の度に頭痛が起こるとストレスにもなります。
ストレスが溜まることで、便秘や肌荒れなどの他の症状を引き起こしてしまうこともありますので、自分にあった方法で頭痛が起こらない体づくりをしていけるようにしましょう。

ランキング

ページトップへ